版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
欧州のビオホテル エコツーリズムから地域創造へ 滝川 薫(著) - ブックエンド
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販
直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

欧州のビオホテル エコツーリズムから地域創造へ (オウシュウノビオホテル エコツーリズムカラチイキソウゾウヘ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
B5判
縦257mm 横182mm 厚さ10mm
重さ 480g
144ページ
並製
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-907083-70-0   COPY
ISBN 13
9784907083700   COPY
ISBN 10h
4-907083-70-X   COPY
ISBN 10
490708370X   COPY
出版者記号
907083   COPY
Cコード
C0040  
0:一般 0:単行本 40:自然科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年6月10日
書店発売日
登録日
2021年5月12日
最終更新日
2021年6月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

★この書籍の小売店頭価格は、2,600円+税です。

1999年、オーストリアのアルプスに囲まれた小さな村のホテルが、100%ビオ(オーガニック)の食品・飲み物への転換に成功。これを機に、ビオへの志をもつ経営者によって、2001年にビオホテル協会が誕生しました。ビオホテルとは、持続可能な観光を目指して、100%ビオの食と、CO2を尺度とした資源マネジメントに取り組むホテルのことで、協会設立から20年で欧州6か国に85軒の宿が誕生しています。
 本書は、欧州のビオホテルに注目し、その歴史や活動、背景にあるビオ製品の普及、そしてビオホテルが牽引する持続可能な地域づくりを紹介します。
 「BIOCITY SDGs 選書」第一弾!

目次

序説
ビオホテルとは何か?/ビオホテル協会の基準/持続可能な衣食住の理想形/ベジタリアン・ビーガン料理/SDGsとビオホテル/ビオホテルのつくり方

Part 1 欧州のビオホテル
ビオホテル・シュヴァイツァー(オーストリア)
ホルツライテン(オーストリア)
アルターヴィルト(南ドイツ)
エッゲンスベルガー(南ドイツ)
ロービエ(スイス)
タイナースガルテン(北イタリア)

Part 2 ビオホテルと地域創造
ビオホテル協会
スイスのビオ地域
スイスの有機農業
[付録編]日本のビオホテル

前書きなど

 1999年、オーストリアのアルプスに囲まれた小さな村のホテルが、100%ビオ(オーガニック)の食品・飲み物への転換に成功した。これを機に、2001年にビオホテル協会が誕生し、20年で欧州6か国に、85軒の宿が生まれた。本書は、ヨーロッパのビオホテルに注目し、その歴史や活動、背景にあるビオの普及、そしてビオホテルが牽引する持続可能な地域づくりを紹介する。
 ビオホテルの活動は、ビオの食事を中心軸として、CO2の排出削減やエコロジー建築にも広がっている。利用者にとってはエコロジカルな衣食住の豊かさを体験できる場所であり、地域から見ればビオ製品の需要を創出し、持続可能な発展を牽引する原動力にもなっている。
 本書では、筆者が訪れたビオホテルのなかでも選りすぐりの6軒を取り上げ、豊富な写真とともに紹介している。各ホテルの外観や周囲の景色、建物内の雰囲気や質感、人気の料理、そして志の高いビオホテリエの姿を通して、個性あふれる宿の魅力を日本の読者に堪能していただきたい。

版元から一言

「BIOCITY SDGs選書」の第一弾として、日本で初めて欧州のビオホテルを徹底取材。100%ビオの食事、カーボン・ニュートラルなど、厳しい基準をクリアした衣食住の理想形で宿泊者をもてなし、いまや持続可能なまちづくりを牽引する6つの宿と、欧州の有機農業への転換やビオ地域などを紹介します。日本で2軒だけのビオホテルも掲載。

著者プロフィール

滝川 薫  (タキガワ カオリ)  (

滝川 薫:千葉県出身。北スイス・シャフハウゼン州在住のジャーナリスト、ガーデンデザイナー。東京外国語大学イタリア語学科卒業後、渡欧。スイスのオーシュベルグ造園学校にて植栽デザイン課程修了。欧州ドイツ語圏をフィールドに、持続可能なエネルギー・建築・地域発展・環境をテーマとした視察セミナー、通訳・翻訳、執筆の活動を20年続け、日本でも講演会などを通じて普及につとめる。スイスでは夫とともに庭園設計にも携わる。著書に『サステイナブル・スイス:未来志向のエネルギー、建築、交通』(2009年、学芸出版社)、『100%再生可能へ! 欧州のエネルギー自立地域』(編著、2012年、学芸出版社)、『進化するエネルギービジネス 』(共著、2018年、新農林社)、『100%再生可能へ! ドイツの市民エネルギー企業』(共著、2014年、学芸出版社)など。ブログ「滝川薫の未来日記」で最新の欧州エコ情報を発信する。
www.takigawakaori.com/

上記内容は本書刊行時のものです。