版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
BIOCITY ビオシティ 78号 SDGs 未来を変える17の目標とまちづくり 小林 光(著) - ブックエンド
.
詳細画像 0 詳細画像 1

BIOCITY ビオシティ 78号 SDGs 未来を変える17の目標とまちづくり 78号

B5判
縦257mm 横182mm 厚さ7mm
重さ 300g
128ページ
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-907083-53-3
Cコード
C0040
一般 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月1日
書店発売日
登録日
2019年4月1日
最終更新日
2019年4月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標〈SDGs〉」を取り上げる。SDGsは、世界中で、地域社会、企業、 NPO・NGOの多様な行動主体の協働目標となりつつある。本特集では、17の目標 と169のターゲットからなるSDGsの経緯、理念、内容を詳しく解説。建築・都市・ま ちづくり、環境、エネルギーなどの分野で、持続可能な社会づくりのアクションが、SDGsという目標を得て、今後どう深化していくかを、事例を交えて展望する。

目次

特集
SDGs 未来を変える17の目標とまちづくり
協力:低炭素社会推進会議

2 巻頭言 環境政策の理念の進化とSDGsの意義 小林 光
11 資料 SDGsの17の目標と169の指標【簡易版】 外岡 豊
12 SDGsと生物多様性 生態系保護をすべての基盤に 井田徹治
20 世界の貧困との対話とSDGs 中村 勉
28 エコシティ・国際キャンパス「ヴュンスドルフ」 エクハルト・ハーン
36 スペインの多様な協同組合 SDGsを担う主体としての事例 高橋 巌
43 共生社会を実現するSDGs 経済システムと世界観の転換 古沢宏祐
50 気候正義 クライメート・ジャスティスとSDGs 行動する若者たち 吉田明子
58 農村コミュニティと再生可能エネルギー 小林 久
66 SDGs未来都市、長野県の挑戦 環境・エネルギー・子どものために 中島恵理
73 SDGs達成に向けた自治体の取り組み 川久保 俊
80 SDGsのまちづくり 人新世に向き合うために 糸長浩司
88 コラム SDGsと「低炭素社会」 中村美和子

ミニ連載
90  ヴィンテージ・アナログの世界 レコード・レーベルの黄金期⑳_高荷洋一
94  円珍と書④ 円珍書状_恵美千鶴子

連載
98 動物たちの文化誌㉕ 占いと動物たち_早川 篤
106 コミュニティデザイン学科通信⑪ 幸せについて考える授業_醍醐孝典
112 欧州グリーンインパクト① パリ市の緑化作戦_遠藤浩子
120 スイスのビオ地域 100%有機農業の谷 ヴァルポスキァーボ_滝川 薫

前書きなど

2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標〈SDGs〉」を取り上げ、17の目標 と169の指標からなるSDGsの理念、内容、採択に至る経緯を詳しく解説しています。とくに、SDGsが世界中の地域社会、企業、 NPO・NGOなど多様な行動主体の協働目標となりつつあることに注目し、建築・都市・まちづくり、環境、エネルギーなどの分野で、持続可能な社会づくりのアクションが、SDGsの達成という目標を得て、今後どう深化していくかを、事例を交えて展望しています。

版元から一言

世界のまちづくりが、SDGsの達成という目標を得て、今後どう深化していくかを、事例を交えて展望します。

著者プロフィール

小林 光  (コバヤシ ヒカル)  (

小林光:東京大学総合文化研究科客員教授。1973年環境庁入庁、地球環境部環境保全対策課長として気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)での京都議定書の国際交渉、「地球温暖化対策推進法」の国会提出などを担当。2009年環境事務次官。専門は環境政策論、エコまちづくり。

井田 徹治  (イダ テツジ)  (

井田徹治:共同通信社編集委員兼論説委員。東京大学文学部卒。1983年共同通信社に入社。本社科学部記者、ワシントン支局特派員などを経て2010年から現職。環境、開発、エネルギー問題をライフワークに。途上国の環境破壊の現場取材のほか、多くの国際会議も取材。著書に『生物多様性とは何か』『霊長類』『ウナギ』(いずれも岩波新書)など。

中村 勉  (ナカムラ ベン)  (

中村勉:建築家。ものつくり大学名誉教授。低炭素社会推進会議代表議長。JIA環境会議主任研究員、日本建築士連合会環境部会長。環境省の環境研究総合推進費の支援により、日本建築学会で「低炭素社会の理想都市実現に向けた研究」を実施。

エクハルト・ハーン  (ヘクハルト・ハーン)  (

ヘクハルト・ハーン:エコシティ・国際キャンパス「ヴュンスドルフ」学長。1983年より、ベルリン再開発・環境調和型都市研究所所長、エコシティ研究所所長を歴任。1998年にドルトムント大学都市生態学教授に就任し、以降、EU環境部会アドバイザーなど、国際的環境プロジェクトの要職を務める。日本では、NPO法人グローバルエコビレッジネットワーク・Japan(GEN Japan」の活動や、東北での復興支援にも携わる。

高橋 巌  (タカハシ イワオ)  (

高橋巌:日本大学生物資源科学部教授。1961年生まれ。日本大学大学院博士前期課程修了。単位農協、酪農団体、農協系統研究所を経て現職。専門は、農業経済学・地域経済論。日本農業経済学会、日本協同組合学会、日本有機農業学会等理事。著書に『地域を支える農協:協同のセーフティネットを創る』(編著、2017年)など。

古沢 広祐  (フルサワ コウユウ)  (

古沢広祐:國學院大學経済学部教授。大阪大学理学部卒業、京都大学大学院修了。専門は持続可能社会論、環境社会経済学。著書に、『みんな幸せってどんな世界』、『地球文明ビジョン』など。「環境・持続社会」研究センター(JACSES)代表理事。

吉田 明子  (ヨシダ アキコ)  (

吉田明子:国際環境NGO FoEJapanスタッフ・理事。エネルギー問題・気候変動担当。2007年よりFoE Japanスタッフ。脱使い捨て、気候変動キャンペーンなど活動ののち、2011年からは福島原発事故やエネルギー問題に取り組む。2011年よりeシフト事務局、2015年よりパワーシフト・キャンペーン立ち上げ・運営。エネルギー政策に市民の声を届ける観点で活動する。

小林 久  (コバヤシ ヒサシ)  (

小林久:茨城大学農学部&ICAS・教授。1955年長野県生まれ。東京農工大学大学院修了後、コンサルタント事務所主宰などを経て、2007年より現職。専門は、地域資源計画。農村計画学会、全国小水力利用推進協議会などの理事を務める。著書に、『事例に学ぶ小水力発電』(編著、2016年)などがある。

中島 恵理  (ナカジマ エリ)  (

中島恵理:元長野県副知事。京都大学法学部卒、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学大学院で学ぶ。環境庁(現環境省)入省後、資源エネルギー庁出向などを経て、2015年より現職。著書に、『英国の持続可能な地域づくり』、『田園サスティナブルライフ』などがある。

川久保 俊  (カワクボ シュン)  (

川久保俊:法政大学デザイン工学部准教授。1985年長崎県生まれ。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。博士(工学)。専門は持続可能な建築・まちづくり。日本建築学会地球環境本委員会幹事などを務める。SDGs導入のためのガイドライン『私たちのまちにとってのSDGs』、『建築産業にとってのSDGs』の執筆に携わる。

糸長 浩司  (イトナガ コウジ)  (

糸長浩司:日本大学生物資源科学部特任教授。環境と共生するあり方について研究し、飯舘村の支援活動などを行う。NPO法人エコロジー・アーキスケープ代表理事。1995年に日本のパーマカルチャー運動を始め、アグロフォレストリー「食べられる森」、エコビレッジの実践的研究を進める。長年、全国の農村地域での住民参画型地域づくりに取り組む。

関連リンク

上記内容は本書刊行時のものです。