版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
BIOCITY ビオシティ 74号 エコロジカル・デモクラシーのデザイン Randolph Hester(著) - ブックエンド
.
詳細画像 0

BIOCITY ビオシティ 74号 エコロジカル・デモクラシーのデザイン 74号

B5判
縦257mm 横182mm 厚さ70mm
重さ 300g
128ページ
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-907083-46-5
Cコード
C0040
一般 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年4月
書店発売日
登録日
2018年4月3日
最終更新日
2018年4月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

まちづくりの世界的潮流として注目される「エコロジカル・デモクラシー」(エコデモ)を特集。提唱者のランドルフ・ヘスター教授(カリフォルニア大学)は、「社会を直すと自然が治り、自然を直すと社会が治るという、不思議な回路を意識し、制度や事業に採り入れることで、都市や世界に働きかけるデザイン」と説明する。本特集では、エコデモに共感し、都市デザインに取り組む専門家が事例を紹介。2020に向けた東京や、東北の復興再生にも働きかける。

目次

特集
エコロジカル・デモクラシーのデザイン
世界をつなぐ15の原則
監修:エコロジカル・デモクラシー財団

4 巻頭言「エコロジカル・デモクラシーとは何か?」土肥真人
8 序文「エコロジカル・デモクラシーのデザインが創りだす未来」ランドルフ・ヘスター
10 基調論文「コミュニティー・デザインからエコロジカル・デモクラシーの都市デザインへ」土肥真人
20 「エコデモ、日本のまちづくりと出会う」佐藤 滋
30 「『エコロジカル・デモクラシーのデザイン』を読む」佐々木 葉

Part I エコデモの空間・地域デザインへの波及
38 「変わる都市計画 エコデモの萌芽となる新たな動き」佐谷和江
46 「水と自覚の都市デザイン」山下三平
54 「世界にみるエコロジカル・デモクラシーの潮流 ブラジル・クリチバ市の事例より」服部圭郎
62 「自然が都市にくれるもの:市民参加のフレームワーク」杉田早苗 
70 「狭山丘陵の開発史にみるエコロジーとデモクラシーの相互作用」藤村龍至

Part II エコデモの現場への刺激
78 「金沢・能登 寄り合いと美しい風景」丸谷耕太+坂村 圭
82 「世田谷 まちづくりの生態系」福永順彦
86 「前橋 水の教え、地の歴史、食の宴」臼井敬太郎
90 「東アジア 渡り鳥が描くエコデモ」所谷 茜
94 「山古志村 限界を越えて、つながる」清野 隆
99 「横浜 金沢シーサイドタウン×エコロジカル・デモクラシー」中西正彦

ミニ連載
104 ヴィンテージ・アナログの世界 レコード・レーベルの黄金期⑯ 高荷洋一
108 世尊寺家の書 ③ 藤原伊房筆「藍紙本万葉集」 恵美千鶴子

連載
112 動物たちの文化誌 ㉑ 鯨を捕る1 日本の鯨捕り 早川 篤
121 コミュニティデザイン学科通信 ⑧ 「Co-Minkan」と社会的処方_出野紀子

前書きなど

まちづくりの世界的潮流として注目される「エコロジカル・デモクラシー」(エコデモ)を特集。提唱者のランドルフ・ヘスター教授(カリフォルニア大学)は、「社会を直すと自然が治り、自然を直すと社会が治るという、不思議な回路を意識し、制度や事業に採り入れることで、都市や世界に働きかけるデザイン」と説明する。本特集では、エコデモに共感し、都市デザインに

版元から一言

エコロジカル・デモクラシー財団が発足し、『エコロジカル・デモクラシー』の日本語版刊行で、日本における「エコデモ」運動がいよいよ本格的にスタート。それを記念してのエコデモ入門特集。

著者プロフィール

Randolph Hester  (ランドルフ ヘスター)  (

ランドルフ・ヘスター:カリフォルニア大学バークレー校ランドスケープ・アーキテクチュア&環境計画学科名誉教授。Center for Ecological Democracy共同創立者、Community Development by Design事務所主宰、SAVE International 代表。

土肥真人  (ドヒ マサト)  (

土肥真人:エコロジカル・デモクラシー財団 代表理事。東京工業大学環境・社会理工学院建築学系准教授。専門はランドスケープ、コミュニティ・デザイン。1992年にカリフォルニア大学バークレー校でランドルフ・ヘスターにコミュニティ・デザインを学ぶ。2016年、エコロジカル・デモクラシー財団を設立。エコデモを説明する言葉を磨き、実践する技術を鍛えている。

佐藤 滋  (サトウ シゲル)  (

佐藤 滋:早稲田大学総合研究機構上級研究員。「まちづくり」は多主体が協働する創造活動であるとし、現場での実践と研究をとおしてまちづくりデザイン、都市・地域マネジメントのための方法論と技術開発に取り組んでいる。編著書に、『まちづくり市民事業』(学芸出版社)、『新編・図説城下町都市』、『まちづくり教書』、『まちづくり図解』(いずれも鹿島出版)など。

藤村 龍至  (フジムラ リュウジ)  (

藤村龍至:建築家。東京藝術大学准教授。RFA主宰。アーバンデザインセンター大宮(UDCO)副センター長。主な建築作品に「すばる保育園」(2018)「鶴ヶ島中央交流センター」(2018)「OM TERRACE」(2017)など。主な著書に『批判的工学主義の建築』『プロトタイピング』がある。

佐谷 和江  (サタニ カズエ)  (

佐谷和江:計画技術研究所代表取締役。江戸川総合人生大学では江戸川まちづくり学科長(14年目)、横須賀市では土地利用調整審議会委員長を担当。寺島・玉ノ井まちづくり協議会(東京都墨田区)にコンサルタントとして携わる。

山下 三平  (ヤマシタ サンペイ)  (

山下三平:九州産業大学建築都市工学部教授。専門は河川工学/景観工学。著書に『景観の生態史観 攪乱が再生する豊かな大地』(共著)など。

服部 圭郎  (ハットリ ケイロウ)  (

服部圭郎:龍谷大学政策学部教授。三菱総合研究所主任研究員、明治学院大学経済学部教授、ドルトムント工科大学客員教授などを歴任し、2018年4月より現職。専門は都市計画、都市政策、コミュニティ・デザイン、フィールドスタディ。著書に『若者のためのまちづくり』、『サステイナブルな未来をデザインする知恵』など。

佐々木 葉  (ササキ ヨウ)  (

佐々木 葉:早稲田大学創造理工学部教授。専門は土木分野での景観論、デザイン論。NPO郡上八幡水の学校副理事長。岐阜県恵那市、長野県宮田村などの景観まちづくりに関与。共著に『風景とローカルガバナンス』(早稲田大学出版会)など。

杉田 早苗  (スギタ サナエ)  (

杉田早苗:東京工業大学環境・社会理工学院助教。専門は都市・地域計画、都市計画史、まちづくり。最近では、市民による公共空間の利活用や公共空間における社会的公正の問題、ホームレスの人々の排除や支援政策などオープンスペースに関わる研究を行う。

中西 正彦  (ナカニシ マサヒコ)  (

中西正彦:横浜市立大学国際総合科学部准教授。専門分野は都市計画・土地利用計画。それらに関する制度論・計画論研究および自治体の都市計画審議会委員等の他、近年は郊外住宅地の活性化支援に取り組む。

丸谷 耕太  (マルヤ コウタ)  (

丸谷耕太:金沢大学助教。専門はコミュニティ・デザイン。伝統工芸と自然の連環、文化的景観、文化多様性の研究を行う。石川県の持続的な観光の促進に取り組む。

坂村 圭  (サカムラ ケイ)  (

坂村 圭:北陸先端科学技術大学院大学知識マネジメント領域助教。専門は都市計画。自然資源と社会のつながりをもとに地域活性化に向けた研究と活動を実践している。

福永 順彦  (フクナガ ノブヒコ)  (

福永順彦:場所づくり研究所プレイス代表。歴史的街並み形成、景観計画などのコンサルタント勤務を経て2000年より現職。ユニバーサルデザインまちづくり、住民参加の手法による地域まちづくりの支援に取り組んでいる。

臼井 敬太郎  (ウスイ ケイタロウ)  (

臼井敬太郎:前橋工科大学工学部建築学科講師。西日本工業大学デザイン学部建築学科講師を経て2015年より現職。近代建築史。八木健太郎とRGB BUILDING WORKSHOPを共同主宰。地域を支え文化を語る歴史的建造物に再び光をあて「建築の尊厳を再構築」するライティング・インスタレーションBUILDING DIGNITYを各地で開催。

清野 隆  (セイノ タカシ)  (

清野 隆:江戸川大学社会学部准教授。専門は歴史景観の保全、観光まちづくり。川越、横浜、宿根木などの歴史的町並みの保全活用、観光まちづくりの研究に携わる。エコロジカル・デモクラシー財団理事。

所谷 茜  (トコロダニ アカネ)  (

所谷 茜:Team SPOON代表。2015年のTeam SPOONの立ち上げ時から活動に携わる。東京工業大学社会工学専攻博士課程に在籍し、東アジアの沿岸地域における自然と生活文化のつながりとそれらの保全制度について研究。

関連リンク

http://bookend.co.jp/biocity-ビオシティ-66号-ブラジルの最新エコアクション/
http://bookend.co.jp/biocity-ビオシティ-69号%E3%80%80パブリックインタレストデザイ/
http://bookend.co.jp/biocity-ビオシティno-72-北欧のサービスデザインの現場/

上記内容は本書刊行時のものです。