版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
モニカと、ポーランド語の小さな辞書 足達和子(著/文) - 書肆アルス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次:
楽天   書店
地方小
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

モニカと、ポーランド語の小さな辞書 (モニカト ポーランドゴノ チイサナ ジショ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:書肆アルス
四六判
152ページ
並製
価格 1,300円+税
ISBN
978-4-907078-32-4   COPY
ISBN 13
9784907078324   COPY
ISBN 10h
4-907078-32-3   COPY
ISBN 10
4907078323   COPY
出版者記号
907078   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2020年6月30日
書店発売日
登録日
2022年11月8日
最終更新日
2023年11月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2020-10-10
MORE
LESS

紹介

ワルシャワ大学に留学中のある秋の日、著者が暮らす下宿の家に親をなくした1歳9か月の女の子モニカがやってきます。ポーランド初となる日本語小辞典の原稿が完成するまでの半年間、そして日本に帰国した後も、著者とモニカは互いに心を通い合わせ、絆を深めることになりました。本書は、ポーランドと日本が今よりもずっと遠かった時代から、二国の懸け橋であり続けた一人の翻訳家の物語です。

目次

はじめに…

ワルシャワ大学留学時代…
   モニカが下宿の家にやってきた…
   写真と、若草色の小さなスカート…
   ワンダおばさん…
   最高裁にて…
   辞書の入稿…

帰国したのち
   七夕のように…
   チョコレートの話…
   戒厳令と辞書の出版…
   はじめての手紙…
   『ふゆのさくら』…
   アメリカ、メキシコへの旅…
   コックピットで飛ぶ…

二十一世紀に!
   引っ越し…
   「おばさん、ありがとう」…
   『はなたれ小僧さま』…
   モニカの結婚式…
   子どもたちの誕生…

社会学者たちの山小屋
   学生たちが建てた…
   ソ連を通った汽車…
   ヤーシの悲しみ…
   電気釜の思い出…
   母の記憶…

 あとがき
   著訳書一覧

著者プロフィール

足達和子  (アダチ カズコ)  (著/文

1945年、東京都生まれ。翻訳家・通訳、日本ペンクラブ会員。都立青山高校、法政大学を卒業後、ワルシャワ大学文学部に留学。在学中に執筆した『日ポ・ポ日小辞典』が、1982年にヴェーザ・ポフシェフナ社(ワルシャワ)から出版された。帰国後、ポーランド航空日本支社、静岡産業大学講師を経て、現職。1992年に、『ふゆのさくら、現代日本名詩選』(日・ポ二か国語版、国際文化出版社、東京)で日本翻訳出版文化賞受賞、2015年に、ポーランド大統領よりカバレルスキ十字勲章を授与された。

上記内容は本書刊行時のものです。