版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
社会医学原論 荒記 俊一(著) - ポリッシュワーク
.
詳細画像 0

社会医学原論 古代ローマ帝国、産業革命から国際保健へ

四六判
縦195mm 横140mm 厚さ36mm
重さ 520g
424ページ
上製
価格 3,600円+税
ISBN
978-4-906907-08-3
Cコード
C0047
一般 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年6月
書店発売日
登録日
2017年4月28日
最終更新日
2017年6月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

産業保健、公衆衛生、疫学、医学統計を統合する広義の概念「社会医学」は、環境汚染、原発事故、労働災害、貧困など、産業革命以降に激増した新たな健康問題に応え続けてきた。
本書は東京大学名誉教授であり鉛中毒の世界的権威である著者が、世界史と日本史における社会医学の歴史と展望を明らかにし、様々な分野に分割された学問の統合を試みた唯一無二の書である。

目次

序 章 社会医学とは
第一章 社会医学の夜明けと鉛中毒
第二章 社会医学の誕生と発展
第三章 日本の社会医学 ―― 欧米市との比較研究

著者プロフィール

荒記 俊一  (アラキ シュンイチ)  (

荒記 俊一
1941年、横浜市生まれ。
ブリティッシュ・カウンシル・スカラーとしてロンドン大学(LSHTM)に留学。
産業保健、公衆衛生の研究・教育・実践に従事。
鉛中毒・職業病、医学統計、公衆衛生、疫学の研究史などを通して
社会医学の統合に光明をみる。

上記内容は本書刊行時のものです。