版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
はじめてでもよくわかる! 四柱推命 富永祥玲(著/文) - 説話社
..

書店員向け情報 HELP

はじめてでもよくわかる! 四柱推命 (ハジメテデモヨクワカルシチュウスイメイ)

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:説話社
新書判
300ページ
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-906828-24-1   COPY
ISBN 13
9784906828241   COPY
ISBN 10h
4-906828-24-8   COPY
ISBN 10
4906828248   COPY
出版者記号
906828   COPY
Cコード
C2011  
2:実用 0:単行本 11:心理(学)
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2016年7月22日
書店発売日
登録日
2016年6月6日
最終更新日
2016年6月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中国で発祥された「四柱推命」とは、その人の生まれた年月日と時刻から割り出された漢字2文字を四つの柱(=四柱)として見立て、命を推理する(=推命)もので、その人の宿命(=持って生まれたもの)と運勢(=どのような生き方をするか)を読み取る占術です。
 中国生まれの占いのため、四柱推命には高度なロジックが秘められておりますが、本書ではそれを一つひとつ、わかりやすくていねいに解説していきます。基礎となる、十干十二支や陰陽、五行説の考え方から始まり、命式の作成方法、その解読テクニックまで完全に網羅しています。具体的テーマとしても、その人の個性や才能・適職、健康運、家庭運・対人運などを取り上げます。

 また、四柱推命はたんに自分を読み解くだけではなく、自分の今後の運勢もわかります。本書では、その人がどのような年にどのようなことが起こる可能性があり、何に気をつけるべきかまで説明します。
 巻末には命式作成のための暦やコピーして活用できるオリジナル命式フォーマットが収録されていますから、まさに、はじめてでもよくわかる四柱推命の教科書として、ご活用いただけるでしょう。 
「もし、かつての私(注:著者)のように人間の不平等を考え、人生について悩む人たちが、偶然の御縁から、この本を手に取り、少しでも真の四柱推命を理解して、幸せな明るい人生を歩んでいただけるようになれば、とても幸いです。」(本書「はじめに」より)

目次

はじめに
第1章 四柱推命とは
1 命占と卜占
2 命術としての四柱推命
3 八文字からその人の運気を知る
4 「命」と「運」
第2章 命式の作成方法
1 四柱推命の基本素材
2 命式表の作成方法
3 行運表の作成方法
第3章 十干の完全理解
1 十干とは
2 五行説
3 陰陽説
4 十干
5 干合
第4章 十二支の完全理解
1 植物のライフサイクルを表す十二支
2 十二支の陰と陽
3 蔵干
4 方局
5 支合(六合)
6 冲
7 刑
第5章 通変の完全理解
1 五行
2 陰陽
3 比肩、劫財
4 食神、傷官
5 偏財、正財
6 偏官、正官
7 偏印、正印
第6章 身の強弱を知る
1 身強、身弱とは
2 身強身弱の判断方法
3 専旺格、従格
4 身強か身弱か判断しにくい例題
第7章 十干による個性
1 十干の強弱
2 甲の表す個性
3 乙の表す個性
4 丙の表す個性
5 丁の表す個性
6 戊の表す個性
7 己の表す個性
8 庚の表す個性
9 辛の表す個性
10 壬の表す個性
11 癸の表す個性
12 例題・
13 例題・
第8章 用神について
1 用神とは
2 判断方法
3 用神が比肩、劫財の人
4 用神が食神、傷官の人
5 用神が偏財、正財の人
6 用神が偏官、正官の人
7 用神が偏印、正印の人
第9章 才能、適職診断
1 用神で才能、適職を判断する
2 適性を通変でみる
第10章 健康診断
1 病気診断
2 十干十二支による判断
3 例題
4 健康運開運法
第11章 家庭運対人運診断
1 家庭運をみる際の基本的な要素
2 親族との関わりをみる
3 相性診断
第12章 今後のあなた
1 「命」と「運」の考え方
2 喜神が巡る時
3 忌神がめぐる時
4 喜ぶ十二支が巡る時
5 注意すべき時
6 干と支を合わせて判断する
巻末資料
命式表フォーマット
審事表フォーマット
行運表フォーマット
命式表の記入の仕方
命式表記入見本
巻末資料1 恒気万年暦(1916年~2036年)
巻末資料2 地方時差早見表
巻末資料3 均時差表
巻末資料4 日の干支早見表
巻末資料5 六十干支表
巻末資料6 時干支早見表
参考文献
おわりに
監修者あとがき
著者紹介・監修者紹介

著者プロフィール

富永祥玲  (トミナガショウレイ)  (著/文

甲子年、愛知県生まれ、丙戌年から九星気学を地元で習い、その
後、紫微斗数占星術を学習、庚寅年に六壬神課を松岡秀達先生に
師事、その後、四柱推命、九星、断易などを大石眞行先生に師事。
HP:富永祥玲の鑑定室http://shourei.the-fortuneteller.com/index.html
ブログ:東洋占~明るいほうへ
http://ameblo.jp/lily-1410/

大石眞行  (オオイシシンギョウ)  (監修

1959年生まれ、東京都出身。千葉大学教育学部(教育心理学専修)卒業。10歳より占いにかかわり、以降各種占術を取得、実践。術歴40年。そのレパートリーは、子平、紫微斗数、東西占星術、方鑑、奇門遁甲、六壬、周易、断易、河洛理数、地理風水、人相、手相、など東洋占術を中心に多方面に広がる。単なる気休めのアドバイスではない、実生活に使える等身大の神秘学として「玄学」を提唱、現在、玄学研究団体「玄学舎」を主宰。各種占術の教授・鑑定
を行っている。
HP:玄学舎 http://gengakusha.the-fortuneteller.com

上記内容は本書刊行時のものです。