版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
百年前のパンデミックと皇室 小田部雄次(著/文) - 敬文舎
..

百年前のパンデミックと皇室

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:敬文舎
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ12mm
重さ 193g
168ページ
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-906822-57-7   COPY
ISBN 13
9784906822577   COPY
ISBN 10h
4-906822-57-6   COPY
ISBN 10
4906822576   COPY
出版者記号
906822   COPY
 
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月
書店発売日
登録日
2020年9月21日
最終更新日
2020年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1918年から4年間にわたって猛威を振るった「スペイン風邪」の実態を、梨本宮伊都子の日記を元に描く。皇室の周辺でも多くの人びとが罹患し、若くして亡くなった人も多い。35万人が亡くなったといわれる「スペイン風邪」流行の様子から、100年前の流行り病と、それに対応した人びとの戦いまでを見ていく。

目次

第一章─悪性感冒の流行
 スペイン風邪の時代
 竹田宮恒久の急性肺炎
第二章─見えない病原体
 梨本宮家の罹患
 猛威を振るう「流行性感冒」
第三章─猛威、そして消滅
 大磯での療養
 相つぐ肉親の死

著者プロフィール

小田部雄次  (オタベユウジ)  (著/文

1952年、東京生まれ。静岡福祉大学名誉教授。専門は日本近現代皇室史。皇族や華族にかかわる一次史料を発掘しながら、近現代皇室を多面的に分析しつづけている。主著書に『梨本宮伊都子妃の日記』(小学館 1991年)、『華族』(中公新書 2006年)、『李方子』(ミネルヴァ書房 2007年)、『皇族』(中公新書、2009年)、『近現代の皇室と皇族』(敬文舎 2013年)、『昭和天皇実録評解 1~2』(敬文舎 2015年、2017年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。