版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
詩集 Prism 冨田 克美 (KATUMI)(著/文) - 夢の友出版
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

詩集 Prism (シシュウプリズム)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:夢の友出版
B6判
縦182mm 横128mm 厚さ12mm
重さ 300g
164ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-906767-08-3   COPY
ISBN 13
9784906767083   COPY
ISBN 10h
4-906767-08-7   COPY
ISBN 10
4906767087   COPY
出版者記号
906767   COPY
Cコード
C0092  
0:一般 0:単行本 92:日本文学詩歌
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年5月25日
書店発売日
登録日
2023年5月25日
最終更新日
2023年5月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

■繊細で瑞々しい感性がクロスする愛と人生の詩集~

小説や歌詞よりも自分にとって表現の自由さに勝るのが詩でした。詩はいつでも心中を吐露できる大事な一番の友人であり相談相手、そして〝楽しき玩具〟でした。(中略)

 作品は自分の子どものような存在です。本の形にできたことで彼ら(作品)に対してやっと親の責任を果たしたような、そんな気持ちです。(著者あとがきより)

*著者プロフィール

1952年東京生まれ。明治大学商学部卒。学生時代から創作活動を始め、大学受験浪人中に執筆した小説「黒い川」が、学習研究社・高校生小説コンクール「第7回コース文学賞」で入選を果たす。大学時代の1976年には、自由国民社季刊誌「ギターライフ」春季号第4回アマチュア作品コンテスト作詞の部で、応募数5,318点の中から、「思い出通せんぼ」が最優秀作品に選ばれるなど、創作活動を活発に行う。大学卒業後は出版社に勤務するが、創作活動は一時休止。退職後に創作活動を再開したのを機に、これまでの詩作品を集大成した本書を発刊する。

目次

第一章 旅への誘い


誘引体

ちんどん屋

漁火





狂った果実

早春

晩秋

冬の日の夕暮

表面張力 ― 二人の間違い― 
  
そして また



十五歳

点描法



小樽の酔っぱらい



ズボンの裾が

影絵 ―幼き日・蒲田にて

人力飛行機

眠れない夜

旅への誘い

俺たちの地中海

ぼくのヒゲが伸びた

(歌詞)

君のいる風景

思い出通せんぼ



第二章 プリズム

印象

物語

今日一日の最後の

プリズム



素敵

手紙

奔ばしる

うなぎ

九十九里浜

帽子

宝物

桜の樹の下で

出口

ラブ イズ オーバー

時間

電話

重さ





第三章 一輪の花


一輪の花

伊良湖岬

N君の優しさは

聖雨 ― 父の死 ―

句点

感情

雲母

逝る詩 ― M子へ ―

死んだように眠られるのは束の間だ

もう戦う武器は持っていないのに

残酷(な夢)

破屋

雪の道を

ごめん



祈り ~義母の献体に思う~

灯台

滞船

立てる像

逆光の人

そらをゆく

小さな駅

帰路



第四章 二月十三日


二月十三日

向こうから来る人たち

無題

お母さん

孤空を掴む人
言葉

いつもの風

仏様になるという

最後の一頁に



あとがき

著者プロフィール

冨田 克美 (KATUMI)  (トミタ カツミ)  (著/文

1952年東京生まれ。明治大学商学部卒。学生時代から創作活動を始め、大学受験浪人中に執筆した小説「黒い川」が、学習研究社・高校生小説コンクール「第7回コース文学賞」で入選を果たす。大学時代の1976年には、自由国民社季刊誌「ギターライフ」春季号第4回アマチュア作品コンテスト作詞の部で、応募数5,318点の中から、「思い出通せんぼ」が最優秀作品に選ばれるなど、創作活動を活発に行う。大学卒業後は出版社に勤務するが、創作活動は一時休止。退職後に創作活動を再開したのを機に、これまでの詩作品を集大成した本書を発刊する。

上記内容は本書刊行時のものです。