版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
北海道の縄文文化 こころと暮らし 「北海道の縄文文化 こころと暮らし」刊行会(編著) - 亜璃西社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|地方小|コア・アソシエイツ
直接取引: なし
返品の考え方: 返品はガイドブックを除き、原則承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784906740505

北海道の縄文文化 こころと暮らし

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:亜璃西社
縦240mm 横182mm 厚さ20mm
重さ 700g
300ページ
並製
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-906740-50-5   COPY
ISBN 13
9784906740505   COPY
ISBN 10h
4-906740-50-2   COPY
ISBN 10
4906740502   COPY
出版者記号
906740   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年12月25日
書店発売日
登録日
2021年12月1日
最終更新日
2022年1月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-02-27 北海道新聞  朝刊
評者: 長谷部一弘(元函館市縄文文化交流センター学芸員)
2022-01-23 読売新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

◇道内各地の遺跡と出土品の数々から、縄文人の〝こころと暮らし〟を読み解く、カラー写真ふんだんのビジュアルブックが誕生!◇時系列ではなく〈たべる・いのる・よそおう・ねがう〉などテーマ別の編集で、縄文時代を生きた人々の生活や心のあり方に焦点を当てました◇さらに、採集と狩漁という従来の縄文時代像をベースに、伝統と変化・発展、定住と交流など新たな発見や研究成果も盛り込み、〈真の縄文文化〉の実像へと迫ります◇平易な解説文で北海道の縄文への探求心を誘う、写真充実のビジュアルガイド。

目次

  遺跡や遺物のつぶやきに耳を傾けて─推薦の言葉に代えて〈札幌国際大学縄文世界遺産研究室長 越田賢一郎〉      
  北海道歴史年表(旧石器・縄文・続縄文時代)
  北海道遺跡分布地図(旧石器・縄文・続縄文時代、擦文文化期)
  世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」

【0】プロローグ[まえぶれ]
 1 道南の旧石器文化
 2 道央の旧石器文化
 3 道東の旧石器文化
 4 縄文時代草創期の土器─帯広市大正3遺跡

【1】つくる
 1 土の器をつくる
  〈北海道各地の土器と地域の出来事〉
 [JOMON column]北海道の縄文土器─美しきフォルム
 2 木で器や道具をつくる
 [JOMON column]縄文文化の植物利用─埋もれた川に残っていた魚類捕獲施設
 3 石で道具をつくる
 4 骨や角で道具をつくる
 [JOMON column]〈重要文化財〉八雲町コタン温泉遺跡出土の骨角器       
 5 石斧をつくる
 6 皮や繊維を加工する
 [JOMON column]縄文人の衣服
 [JOMON column]縄文人の漆工品

【2】すまう
 1 家をつくる
 2 北の縄文人と住まい─帯広市八千代A遺跡の例
 3 北の縄文人と住まい─森町石倉2遺跡の例
 4 北の縄文人と住まい─八雲町野田生1遺跡の例
 [JOMON column]〈史跡〉函館市大船遺跡の大型竪穴住居跡
 5 火をたき、炉をかこむ
 [JOMON column]火をおこす─縄文時代の木製発火具
 6 低湿部の作業場─小樽市忍路土場遺跡

【3】かる・とる・たべる
 1 縄文人の食生活
 2 陸の獣をかる
 3 罠をしかける─Tピット(陥し穴)
 4 海や川の生き物をとる
 5 海の幸・川の恵みをたべる
 [JOMON column]〈史跡〉釧路市東釧路貝塚
 [JOMON column]〈史跡〉洞爺湖町入江・高砂貝塚
 [JOMON column]〈史跡〉伊達市北黄金貝塚
 6 貝塚にほうむる
 [JOMON column]土器をつかう

【4】よそおう
 1 髪をよそおう
 2 耳をよそおう
 3 玉でよそおう
 [JOMON column]〈重要文化財〉礼文島・船泊遺跡出土の装飾品
 [JOMON column]コハク製玉─土坑墓の副葬品

【5】いのる・ねがう            
 1 配石をともなう墓群
 2 北海道独自の墓・周堤墓
 3 埋葬と副葬品─墓をみきわめる
 [JOMON column]〈史跡〉森町鷲ノ木遺跡のストーンサークル
 [JOMON column]〈史跡〉千歳市キウス周堤墓群
 [JOMON column]〈重要文化財〉恵庭市カリンバ遺跡の漆塗り装身具
 [JOMON column]釧路市幣舞遺跡
 4 子どものことをねがう
 [JOMON column]〈重要文化財〉函館市豊原4遺跡出土の足型付土製品
 5 ねがいをこめる─土偶・岩偶
 [JOMON column]〈国宝〉函館市著保内野遺跡出土の中空土偶
 6 動物へのおもい─動物形土製品・石製品
 7 仮面をつける
 8 縄文人の美意識─赤と黒
 9 盛土遺構
 [JOMON column]〈史跡〉函館市垣ノ島遺跡の盛土遺構

【6】まじわる
 1 円筒土器文化のひろがり
 2 地域色の強い円筒土器上層式─礼文島ほか道内各地の豊富なバリエーション
 3 赤彩土器─南からきた土器①
 4 亀ヶ岡式土器─南からきた土器②
 5 漆工品─南からきたワザ
 6 ヒスイ─南からはこばれた石
 7 イノシシ─南からはこばれた動物
 8 石刃鏃─北からつたわった道具
 9 アスファルト─南へはこばれた? 接着剤

【7】エピローグ[つながる・かわる]
 1 縄文文化から続縄文文化へ─道南の場合
 2 縄文文化から続縄文文化へ─石狩低地帯の場合
 3 縄文文化から続縄文文化へ─道東の場合

  あとがき
  監修・執筆者プロフィール
  出典(本文未記載分)
  索引

前書きなど

自然や動植物と共存しながら1万年以上続いた縄文時代を、従来の時間軸ではなく、遺跡の立地や住居・施設、生業や道具の製作と使用、装飾や祭祀、道内外との交易・交流など、幅広いテーマを通して北海道独自の暮らしと文化を紹介しました。さらに、採集と狩漁というこれまでの縄文時代像をベースにしつつ、伝統と変化・発展、定住と交流といった新たな発見や研究成果を盛り込むことで、〝真の縄文文化〟の実像へ近づくことができたと自負しています。(「あとがき」より)

版元から一言

昭和後半期から、国内の道路網・高速鉄道網・空港・港湾・ダム・工業団地などの大
規模開発事業が次々と行なわれてきました。このような開発対象となった土地には数多
くの遺跡が残されており、主に行政関連組織の手によって発掘調査が行なわれ、報告書
が刊行されてきました。北海道でも、多い時は発掘件数が年間100件にものぼり、そ
の調査に多くの調査員と作業員の方々が従事していたのです。(中略)
この本からは、報告書には盛られていない、現場で発掘調査を担当した調査員の方々
の生の声が伝わってきます。遺跡や遺物に出会ったときの感動や「なぜ?」という疑問
を現場で持ち続け、考え続けてきたことがまとめられているのです。調査員が遺跡や遺
物のつぶやきを聞いている姿といえるかもしれません。それぞれの眼でとらえた縄文文
化の情報を、多くの方々に伝える内容になっています。縄文時代の概説書としての役割
だけではなく、細かな遺跡や遺物に対する想いがあふれています。きっと、この本を読
む方は、こんなことがわかるのかと驚かれると思います。(「推薦の言葉に代えて」より)

著者プロフィール

「北海道の縄文文化 こころと暮らし」刊行会  (ホッカイドウノジョウモンブンカ ココロトクラシ カンコウカイ)  (編著

道内各地で発掘調査にかかわってきた、北海道埋蔵文化財センターの調査員や各市町村の学芸員・職員を中心とする、約40名の有志により構成。調査現場で遺跡や遺物を発掘し、その後の研究で明らかとなった事実を分担執筆した。

三浦 正人  (ミウラ マサト)  (監修

1956年北海道小樽市生まれ。元公益財団法人北海道埋蔵文化財センター第2調査部長。

上記内容は本書刊行時のものです。