版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
21-22 北海道キャンプ場ガイド 亜璃西社(編著) - 亜璃西社
.

21-22 北海道キャンプ場ガイド

スポーツ・健康
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:亜璃西社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ15mm
重さ 360g
352ページ
並製
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-906740-47-5   COPY
ISBN 13
9784906740475   COPY
ISBN 10h
4-906740-47-2   COPY
ISBN 10
4906740472   COPY
出版者記号
906740   COPY
 
Cコード
C0026
一般 単行本 旅行
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月31日
書店発売日
登録日
2021年3月9日
最終更新日
2021年3月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

今年で創刊30周年を迎える、累計発行部数28万部突破のロングセラーガイド最新版が登場。昨年からのキャンプブームを背景に、今年度版では新顔のキャンプ場11カ所を含む全道327施設を最新データで紹介しました◇さらにガイドページでは、グーグルマップにリンクする便利なQRコードを追加掲載したほか、温泉やグルメなど旅に役立つ立ち寄り情報も満載。巻頭特集では、読者プレゼントも兼ねた最新アウトドアグッズの紹介や、コテージ・バンガローなど宿泊施設の情報も掲載しています◇見やすい誌面と正確な情報が、全国のキャンパーのみならず、台湾などアジアのキャンパーからも支持されるロングセラー決定版です。

目次

◇巻頭特集
 CAMP GEAR & GOODS 2021
 Camping Areas Graffiti
 
 北海道ドライブNAVI
 この本の使い方

◇ガイドページ
 【渡島・檜山エリア】(エリアMAP/立ち寄りスポット)
   函館・八雲・知内/江差・奥尻島・せたな
 【石狩・空知・後志】(エリアMAP/立ち寄りスポット)
   支笏湖・千歳・札幌/江別・新篠津・石狩/道民の森/長沼・岩見沢・三笠/月形・新十津川・沼田/芦別・滝川・深川/小樽・積丹半島・岩内/倶知安・ニセコ・黒松内
   *AREA GUIDE:後志でグランピングを満喫!
 【胆振・日高】(エリアMAP/立ち寄りスポット)
   洞爺湖・伊達・苫小牧/安平・むかわ/日高・新ひだか・えりも
 【上 川】(エリアMAP/立ち寄りスポット)
   かなやま湖・富良野/美瑛・旭川・層雲峡/和寒・名寄・中川
 【十 勝】(エリアMAP/立ち寄りスポット)
   清水・然別湖・士幌/足寄・帯広/大樹・浦幌
   *AREA GUIDE:無料で味わう全道名水スポット
 【釧路・根室】(エリアMAP/立ち寄りスポット)
   釧路・阿寒湖・屈斜路湖/釧路湿原・霧多布/根室・中標津・羅臼
 【網 走】(エリアMAP/立ち寄りスポット)
   知床・網走・清里/津別・北見・美幌/サロマ湖・遠軽・雄武
   *AREA GUIDE:ガイドツアーで知床の豊かな自然を体験!
 【留萌・宗谷】(エリアMAP/立ち寄りスポット)
   増毛・留萌/オロロンライン・天売島・焼尻島/枝幸・豊富・稚内/利尻島・礼文島
   *AREA GUIDE:地平線を一望!サロベツ湿原の魅力

◇付録
 ・全道ラジオ周波数一覧(AM/FM各ラジオ局のエリア別周波数を掲載)
 ・源泉の湯で温泉キャンプ(キャンプ場から至近の源泉かけ流し温泉施設をピックアップ)
 ・温泉・入浴施設イエローページ(本書紹介入浴施設の電話番号一覧)
 ・お天気イエローページ(電話で聞ける道内の天気予報テレフォンガイド)
 ・キャンプ場目的別索引(①ペットのサイト内同伴が可能、②バンガローなど宿泊施設を設備、③テントなどの設営が無料)

前書きなど

 本書は、北海道にあるキャンプ施設の大半と思われる、327カ所を掲載しています。その中には、立派な設備が整った場所もあれば、必要最小限しかない所もあります。
 しかし、設備の優劣がキャンプ場の価値を決めるわけではありません。周辺の自然環境に価値を置く人もいれば、静けさを最上とする人もいるはずです。
 そこで、本書ではあえて星印などで評価をせず、代わりに細かなデータと解説に重きをおいています。そうすることで、どこが自分に最も適したキャンプ場かを、読者自身が選べるようにしました。
(「この本の使い方」より)

版元から一言

都市圏から30分以内に自然豊かなテントサイトが数多くあり、料金も手頃とあって、北海道のキャンプ場は全国のキャンパーはもちろんアジアのキャンパーからも人気を集めています。近年のキャンプブームもあって、北海道のキャンプ場はこれまで以上に注目を集めているところです。

著者プロフィール

亜璃西社  (アリスシャ)  (編著

1988年創業の札幌を拠点に活動を続ける出版社。北海道をテーマに、図鑑やガイドブック、カルチャー、歴史、ノンフィクション、エッセイなど幅広いジャンルの出版物を刊行する。同時に編集プロダクションとして、雑誌・ガイドブックなど他社出版物の編集や取材記事の作成なども手がけている。

上記内容は本書刊行時のものです。