版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
GRIHLⅡ 文学に働く力、文学が発する力 文芸事象の歴史研究会(編集) - 吉田書店
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: JRC|大学|八木
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

GRIHLⅡ 文学に働く力、文学が発する力 (グリール ツー ブンガクニハタラクチカラ ブンガクガハッスルチカラ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:吉田書店
A5判
価格 4,500円+税
ISBN
978-4-905497-98-1   COPY
ISBN 13
9784905497981   COPY
ISBN 10h
4-905497-98-1   COPY
ISBN 10
4905497981   COPY
出版者記号
905497   COPY
Cコード
C3098  
3:専門 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年10月10日
最終更新日
2021年12月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

文学と歴史記述をめぐる日仏の対話は今も続く
「どのようなautoritéがあってさう言うのか.」
文芸事象と権威-権力の関係を問う12の共同研究

目次

序 言説化された権威と、その作用としての権力 【野呂 康】

第Ⅰ部 文芸事象と権威‐権力

第1章 「規範逸脱的な」作家とは何か――古典主義時代における文化場の周縁から
1 父の権威とマイナー作家性──レチフ・ド・ラ・ブルトンヌにおけるエクリチュールの主体をめぐって【森本淳生】
2 《ラミールの饗宴》の「作者」をめぐって――ルソー『告白』の余白に【桑瀬章二郎】
3 カシエとデフォルジュ-マイヤール――過剰な作者:啓蒙の名もなき二人【ダイナ・リバール(淵田仁訳)】

第2章 出来事の構築――歴史上の権威と歴史記述上の権威
4 フロンド時代のメモワール作者の権威の構築【クリスチアン・ジュオー(嶋中博章訳)】
5 ルイ一四世の死と証言の権威――日記、メモワール、歴史記述【嶋中博章】

第3章 政治的権威と文学的権威――一九世紀および二○世紀
6 文学フィクションを律する?――一八五〇年リアンセ法改正案【ジュディット・リオン-カン、辻川慶子(辻川慶子訳)】
7 一九三〇年代、セリーヌにおける反知識人的アンガージュマン――アンリ・バルビュスとの比較から【杉浦順子】

第4章 検閲のエクリチュールと権威――一七世紀および一九世紀
8 一七世紀における神学博士たちによる承認――文芸化の諸用法【ニコラ・シャピラ
(中畑寛之訳)】
9 権威を演じ、それと戯れ、あるいは裏をかく――第三共和制下で検閲された書物に関する言説【中畑寛之】

第5章 複数の権威
10 背後の権威、権力――アントワーヌ・アルノー『頻繁なる聖体拝領について』をめぐる論争【野呂 康】

第Ⅱ部 歴史表象の諸問題(講演記録)――マザリナードのその後、ユダヤ人虐殺の表象

1 マザリナードの境界【クリスチアン・ジュオー(嶋中博章訳)】
2 〈本当はそうじゃなかった〉――ユダヤ人虐殺(la Shoah)後に、表象不可能なものを初めて表象しようとする試み【ジュディット・リオン-カン(永田道弘訳)】

あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。