版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「皇室外交」と象徴天皇制 1960~1975年 舟橋 正真(著) - 吉田書店
.

「皇室外交」と象徴天皇制 1960~1975年 昭和天皇訪欧から訪米へ

発行:吉田書店
A5判
280ページ
定価 3,800円+税
ISBN
978-4-905497-79-0
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年12月
書店発売日
登録日
2019年11月29日
最終更新日
2021年1月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-03-01 読売新聞  朝刊
評者: 君塚直隆(関東学院大学教授)

紹介

昭和天皇の「皇室外交」はどのように展開されたのか。首相官邸、外務省、宮内庁、皇室、与野党、そして外国政府、マスメディアの動きを丹念に追って検証する。

目次

序論

第一章 戦後の昭和天皇外遊構想 一九五二~一九七〇年
はじめに
第一節 戦後「皇室外交」の始動
第二節 池田内閣の天皇外遊構想
第二節 佐藤内閣の天皇初外遊計画
おわりに

第二章 昭和天皇訪欧と政治 一九七〇~一九七一年
はじめに
第一節 天皇訪欧交渉の政治力学
第二節 天皇訪欧の正式決定
第三節 天皇訪欧抗議行動への対応
第四節 天皇訪欧と戦争責任問題
おわりに

第三章 昭和天皇訪米問題の政治力学 一九七一~一九七四年
はじめに
第一節 天皇訪米問題の始動
第二節 一九七二年天皇訪米問題
第三節 一九七三年天皇訪米の推進と延期
第四節 一九七四年天皇訪米計画の白紙化
第五節 一九七四年フォード訪日と天皇訪米問題
おわりに

第四章 昭和天皇訪米と政治 一九七四~一九七五年
はじめに
第一節 天皇訪米の正式決定
第二節 天皇訪米政策の展開
第三節 天皇訪米の成果と問題点
おわりに

結論

著者プロフィール

舟橋 正真  (フナバシ セイシン)  (

1982年生。2016年、日本大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、立教大学立教学院史資料センター助教。博士(文学)

上記内容は本書刊行時のものです。