版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
もしその角を曲がっていたら 西野小枝子(著) - たる出版
.

もしその角を曲がっていたら

発行:たる出版
四六判
500ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-905277-16-3
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年8月
書店発売日
登録日
2016年8月26日
最終更新日
2016年8月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

どうすれば一回限りの人生を悔いなく十全に生きることが出来るのか。ともすれば日常の多忙さの中に埋没しそうになる自己を、もう一度見つめ直し、自分の中に潜む色々な思いを解き放ちたいと願う著者は、文学的想像力を駆使して、「自己とは何か」「意識とは何か」「魂の充足はどうすれば手に入れることが可能なのか」など困難な問題に果敢に取り組み、それを具象化したイメージの美しい詩的な小説(目眩)に編み上げた。ほかに女の性を聖なる母性の面と、欲望の面から追求した力作(ある指物師奇譚)や、社会で女性が働くことに充分な理解が得られなかった頃の、仕事と家庭の両立の苦労や悩み、高校教師として働き続けて来たことの喜びをテーマにした小説(遊びをせんとや)、又、こんな生き方もあったかも知れないと、様々な女の生き方を夢想する(夢で見る夢)など合計十編が掲載されている。それぞれにどんよりと弛緩した時空の中へ、爽やかで求心力をもった風が、まるで目覚ましのように心地よく流れ込んで来る、そんな感じのする作品集です。

目次

「共感と深い感動を」竹中恵美子
第一章
 もしその角を曲がっていたら
 この秋の日に
 遊びをせんとや
 大樹と白骨
 目眩〈自分へと還って行く感覚〉
第二章
 ある指物師奇譚
 隕石
 男は伸し餅のような
 夢で見る夢
 針の穴ほどの
あとがき

著者プロフィール

西野小枝子  (ニシノサエコ)  (

毎日新聞大阪出版編集局嘱託 東京の私立学校教諭を経て
1973年4月より 大阪府立高校国語科教諭 伝統校、中堅校、工科高校など勤務
2007年3月 府立高校教諭定年退職
1980年3月 同人誌(檣)マスト創刊に参加。以来36年間同人として活躍
2000年より 同人誌(アマゾン)に参加
ブログ 紫苑の日記 http://sion-nikki.cocolog-nifty.com/

上記内容は本書刊行時のものです。