版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
季刊 経済理論 第57巻第1号 資本主義のオルタナティブ:資本主義の限界と政治経済学の課題  経済理論学会(編集) - 桜井書店
..

季刊 経済理論 第57巻第1号 資本主義のオルタナティブ:資本主義の限界と政治経済学の課題 

発行:桜井書店
B5判
縦258mm 横182mm 厚さ10mm
重さ 265g
128ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784905261964
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月20日
書店発売日
登録日
2020年3月26日
最終更新日
2020年3月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

世界と日本の現状にみられる、一方でのグローバル資本主義、他方での排外主義的自国第一主義というふたつの大きな流れにとってかわるような代替案となりうるオルタナティブな経済社会の構想を、理論的に明らかにする。

目次

主義なき資本の時代が行き着く先は?:グローバル化の顛末 浜 矩子(同志社大学教授)
資本主義の成熟と「転換」:いま私たちはどこにいるのか 小西一雄(立教大学名誉教授)
反緊縮経済政策理論の体制変革展望 松尾 匡(立命館大学教授)
マルクスの「国家財政」批判:「国家導出論争」の成果をふまえて 隅田聡一郎(一橋大学)
転形論争とマルクス価値論の意義と課題 伊藤 誠(東京大学名誉教授)
大西(2018)社会運動モデルへの多数決政治の導入とそのインプリケーション 大西 広(慶応大学教授)
2020年度経済理論学会第68回大会の開催案内
ほか

上記内容は本書刊行時のものです。