版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
震災学 vol.16 東北学院大学(編集) - 東北学院大学
..

書店員向け情報 HELP

震災学 vol.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
296296ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-904863-77-0   COPY
ISBN 13
9784904863770   COPY
ISBN 10h
4-904863-77-1   COPY
ISBN 10
4904863771   COPY
出版者記号
904863   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年3月25日
書店発売日
登録日
2022年3月14日
最終更新日
2022年3月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-04-30 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: いとうせいこう(作家)
MORE
LESS

紹介

世界中が新型コロナウイルスによる社会災害に覆われ、土砂災害や火山噴火などの自然災害も打ち続くいま、東日本大震災被災地から発信する意義を問う。災害報道や災害伝承、災害関連死、火山研究と地域との連携、震災文学など多岐にわたるテーマで構成。東北大学災害科学国際研究所所長・今村文彦のほか、いとうせいこう、梶原さい子、玄侑宗久のインタビューも収録。

目次

第1章 〈震災10年〉を超えて
震災10年・コロナ禍・トンガ津波 自然災害と社会災害に如何に対応するか/今村文彦
災害関連死とは何か 次の災害による死を防ぐために/山川徹×宇都彰浩 司会◎古関良行
〈震災障害者〉をめぐって 阪神・淡路大震災 震災障害者支援のあゆみから/木村信行
[座談会]災害報道のゆくえ/高橋鉄男×所澤新一郎×山中茂樹
〈スローガンの瓦礫〉から立ち上がる 被災地の放送人が11年経って考えること/杉尾宗紀
テレビの災害取材映像を減災に生かす 「激震の記録1995 取材映像アーカイブ」公開の〈効果〉/木戸崇之
伝承活動から見た〈節目〉 震災10年の現実と希望 コロナ禍の経験を足掛かりとして/武田真一
〈物語〉をつむぐ震災伝承館 災害伝承に専門性と制度整備を/山内宏泰
自治体の災害記録誌は何を語るのか 岩手県山田町・大槌町の震災記録誌を通じて/佐藤孝雄
郷土史から見る震災10年 当事者として、研究者として/菅野正道
東北の活火山と防災 問われる地域の減災協働/岡田純

第2章 地域と災害
未来の被災地への旅 熱海土砂災害被災地から南海トラフ地震の痕跡をたどる/山川徹
宮城県丸森町 地層が語る災害と復興 台風19号豪雨の土砂災害復興現場を訪ねて/堀米薫
北海道胆振東部地震から3年半 厚真町に通い続けてⅢ/定池祐季
「二本松農園」の10年 東日本大震災・福島第1原発事故後の「新しい流通」の開拓/齊藤康則
■〈シンポジウム「復活と創造 東北の地域力」〉スポーツと東北の地域力
[基調講演]スポーツによる「まちづくり」政策の展開/原口大志 
[事例報告とパネル討論]コーディネーター・黒須憲
地域×ラグビー/佐伯悠
新しいプロスポーツがもたらす地域創生/粟井俊介
〈学生コーチ〉と硬式野球部の躍進/渡邊徹
■本間照雄最終講義 「関わり合い向き合う」ことが拓く新たな地平
教育・研究・地域連携を実践した5年間/阿部重樹
「関わり合い向き合う」ことが拓く新たな地平/本間照雄
[対談]「非日常」から「当たり前の毎日」へ/本間照雄×北川進(司会・真壁さおり)

▼第3章 震災と文学
震災と言霊/梶原さい子
文学者として、宗教家として/玄侑宗久
聞き書きを続けて/いとうせいこう
新しい〈語り部〉の時代/黒木あるじ
震災10年の東北文学 文芸記者2021年見聞記/阿曽恵

▼第4章 仙台短編文学賞
第5回仙台短編文学賞受賞作発表/川元茂
[選評]東北学院大学賞受賞◎大西晴樹/仙台市長賞◎郡和子
受賞の言葉――大久保蓮/なつせさちこ
「夜を失う」大久保蓮
「金魚の帯」なつせさちこ

[グラビア]
復興の風景 2022年2月/小野みのる
いとうせいこう「東北モノローグ」をゆく/河北新報社写真映像部

上記内容は本書刊行時のものです。