版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
月に聞かせたい話 シン・ギョンスク(著/文) - クオン
.
詳細画像 0
K-BOOK PASS 02

月に聞かせたい話

発行:クオン
B6変型判
縦174mm 横116mm 厚さ16mm
240ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-904855-65-2
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年1月20日
書店発売日
登録日
2020年12月5日
最終更新日
2020年12月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

月が満ち欠けしながら夜空をそっと照らすように、
静かに心をほぐしてくれるささやかな26の物語


ベストセラー作家シン・ギョンスクが、月に私たちの物語を語りかけるように軽やかに紡いだショートショート集。
物語の世界と響き合う挿画とともに、オールカラーで刊行。

「自分が一人ぼっちだと思ったり、思いがけないことがあなたの心をかき乱していった時に、何より自分がどうしてこうなのかと思う自責の念や、せいぜいこの程度かという諦めがあなたの瞬間に押し寄せてきた時に、この26編の物語が月明かりのように沁み込んで、あなたを光らせることができたらうれしいと思う」
(作家の言葉より)

目次

一部 三日月に
ほら、愛してるんだろ?/冬越し/神様の靴/おまえ、トウモロコシか!/
Jが発ってから/ある、新年の挨拶 

二部 半月に
風景/Kに起こったこと/ある郵便配達人の話/ネコ男/
私たちがきれいだと言われた時/鼻クソの話/
見知らぬ人に書く手紙

三部 十五夜の月に
シカを捕まえるって?/人生修行/私が子どもだった頃も/ 
Yがどうしてタバコをやめたか知っている人は?/
サンチュの種を蒔かなくちゃ/エスプレッソ

四部 つごもりの月に
や~らなきゃ帰ると思うてか~ そ~う言えばくれると思うてか~/ 
春の雨降る日/QとA/彼のために/海辺の郵便局にて/
花梨の木を守る/愛すべきおばあさんたち

作家の言葉 
訳者あとがき

著者プロフィール

シン・ギョンスク  (シン ギョンスク)  (著/文

著者:シン・ギョンスク(申京淑)
1963年、全羅北道井邑生まれ。ソウル芸術大学文芸創作科卒。
1985年に「文芸中央」の新人賞に「冬の寓話」が当選し、デビュー。
1993年、初の短編集『オルガンのあった場所』が25万部のベストセラーとなり、90 年代の韓国文学を牽引する人気作家となった。
現代文学賞、万海文学賞、東仁文学賞など受賞多数。
主な作品に『深い哀しみ』『離れ部屋』(邦訳:安宇植訳、集英社)『列車は7時に発ったよ』など。
2008年に発表された『母をお願い』(邦訳:安宇植訳、集英社文庫)は韓国で200万部を超す大ヒットとなり、アメリカで出版された英訳版も初版10万部で、ニューヨークタイムズのベストセラー入りを果たした。
このほか津島佑子との往復書簡集『山のある家 井戸のある家』(きむ ふな訳、集英社)がある。

村山俊夫  (ムラヤマ トシオ)  (翻訳

翻訳:村山俊夫(むらやま としお)
1953年、東京生まれ。1987年、語学留学のために行った韓国で民主化運動を目撃。帰国後、通訳案内業に従事。
2007年より京都で韓国語講座を運営し、2016年に再び渡韓。現在ソウル在住。
著書に『アンソンギー韓国「国民俳優」の肖像』(岩波書店)、『韓国語おもしろ表現 転んだついでに休んでいこう』(白水社)、『インスタントラーメンが海を渡った日』(河出書房新社)、『つくられる嫌韓世論-憎悪を生み出す言論を読み解く』(明石書店)など。
訳書に『この身が灰になるまで』(オ・ドヨプ著、彩流社)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。