版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
完全版 土地 09巻 朴景利(著) - クオン
.

完全版 土地 09巻

発行:クオン
四六判
縦194mm 横132mm
524ページ
上製
価格 2,800円+税
ISBN
978-4-904855-49-2
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年10月30日
書店発売日
登録日
2019年10月3日
最終更新日
2019年10月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

三・一運動を経て 第三部は幕を開ける

<09巻あらすじ>
朝鮮全土を覆った三・一独立運動のうねりは、日本の官憲に鎮圧されて収束したが、西姫と縁のある任明彬や、平沙里出身の錫らがデモに関連して拘束された。
晋州に居を構えた西姫は、平沙里の屋敷を取り戻すために趙俊九と対面し、目的を果たす。病に倒れた龍は、その屋敷の管理人として帰郷したが、息子の弘は抱えきれない葛藤から他人を傷つけるなど、心がすさんでいた。
平沙里で細々と暮らす金平山の次男・漢福は、寛洙の計らいで間島に向かった。そして、日本の密偵・金頭洙として暗躍する兄・巨福と再会する。頭洙はその直前、長きにわたって追い続けてきた琴女を、ついにハルビンで捕らえていた。

著者プロフィール

朴景利  (パク キョンニ)  (

1926年、慶尚南道統営市生まれ。
晋州高等女学校、ソウル家庭保育師範学校(世宗大学の前身)卒。
1955年に短編小説「計算」でデビュー、1957年に短編「不信時代」で 『現代文学』新人賞受賞。以後、次々と長編作品を発表し、各種文学賞を受 賞して実力派の作家としての地位を確かなものにすると同時に、韓国の女性作家の草分け的存在となった。
1969年から25年間にわたって書き継がれた大河小説『土地』は代表作であり、韓国現代文学における最も優れた作品の一つと評される。また「国民文学」として韓国で愛されてきたベストセラー小説でもある。
1994年に『土地』が完結した後も小説、詩、エッセイを書き続けた。晩年には環境問題に関心を深め、江原道原州の自宅菜園で有機栽培などしながら、意欲的に執筆を続けた。2008年没。享年81歳。

金 正出  (キム ジョンチュル)  (監修

1946年青森県生まれ。1970年北海道大学医学部卒業。
現在、美野里病院(茨城県小美玉市)院長。医療法人社団「正信会」理事長、社会福祉法人「青丘」理事長、青丘学院つくば中学校・高等学校理事長も務める。
訳書に『夢と挑戦』(彩流社)などがある。

吉原育子  (ヨシハラ イクコ)  (

新潟市生まれ。埼玉大学教育学部音楽科卒業。
ソウルの成均館大学などで韓国語を学ぶ。韓国文学翻訳院短期集中課程修了。
訳書に『亡き王女のためのパヴァーヌ』(クオン)、『楽器たちの図書館』(共訳、クオン)、『お母さん取扱説明書』(金の星社)、『私は男より預金通帳が好き』(草思社)、『サムスン式仕事の流儀』『私は妻との結婚を後悔している』(ともにサンマーク出版)、『立ち止まれば、見えてくるもの』(共訳、日本文芸社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。