版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
迷宮と宇宙 安藤 礼二(著/文) - 羽鳥書店
.

迷宮と宇宙

発行:羽鳥書店
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ29mm
320ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-904702-80-2
Cコード
C0090
一般 単行本 文学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年11月15日
書店発売日
登録日
2019年9月20日
最終更新日
2020年1月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-11-03 毎日新聞  朝刊

紹介

文芸批評の集大成。現世と幽冥を行き来する者たちの、壮大な文学史。平田篤胤とエドガー・アラン・ポーをめぐる「二つの『死者の書』」から始まり、ポーの多面性を繙きながら、鏡花、谷崎、土方、乱歩、三島、澁澤へと論が展開する「I 迷宮と宇宙」6編。折口を通底におきながら、賢治と久作を手繰りよせる「II 胎児の夢」2編。最後に、ポーからボードレールに及ぶ1編「III 批評とは何か」で、「解釈」(翻訳)そして「創作」について分析し、批評の世界を切り拓く。

目次

Ⅰ 迷宮と宇宙
 二つの『死者の書』――平田篤胤とエドガー・アラン・ポー
 輪舞するオブジェ――泉鏡花『草迷宮』をめぐって
 人魚の嘆き――谷崎潤一郎の「母」
 肉体の叛乱――土方巽と江戸川乱歩
 夢の織物――三島由紀夫『豊饒の海』の起源
 未生の卵――澁澤龍彦『高丘親王航海記』の彼方へ
Ⅱ 胎児の夢
 多様なるものの一元論――ラフカディオ・ハーンと折口信夫
 胎児の夢――宮沢賢治と夢野久作
Ⅲ 批評とは何か
 批評とは何か――照応と類似

後記/人名索引/文献一覧

著者プロフィール

安藤 礼二  (アンドウ レイジ)  (著/文

1967年、東京都生まれ。文芸評論家、多摩美術大学美術学部教授。
[主要著書]『神々の闘争 折口信夫論』(講談社)芸術選奨文部科学大臣賞、『近代論 危機の時代のアルシーヴ』(NTT出版)、『光の曼陀羅 日本文学論』(講談社)大江健三郎賞・伊藤整文学賞、『霊獣「死者の書」完結篇』(新潮社)、『場所と産霊近代日本思想史』(講談社)、『たそがれの国』(筑摩書房)、『祝祭の書物 表現のゼロをめぐって』(文藝春秋)、『折口信夫』(講談社)角川財団学芸賞・サントリー学芸賞、『大拙』(講談社)、近刊に『列島祝祭論』(作品社)。

上記内容は本書刊行時のものです。