版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
女たちの声 工藤庸子(著/文) - 羽鳥書店
.

女たちの声

発行:羽鳥書店
B6判
縦182mm 横128mm 厚さ20mm
200ページ
上製
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-904702-77-2
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年6月14日
書店発売日
登録日
2019年5月21日
最終更新日
2019年6月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-07-06 日本経済新聞  朝刊

紹介

〈言語環境〉に潜む、性差の力学を問う。スタール夫人、ラーエル・ファルンハーゲン、ハンナ・アレント、ボーヴォワール、マルグリット・デュラス、コレット、ヴァージニア・ウルフ──。仏文学・ヨーロッパ地域文化研究者の刺激に満ちたエッセイ集。

羽鳥書店HPで連載された「人文学の遠めがね」15編(「ベンジャミン・フランクリンの恋文」「二本のネクタイ あるいは男女格差について」「性差のゆらぎ」「両性具有──排除的分類ではなく」「わたしたちの社会的アイデンティティを剥奪しないでください──選択的夫婦別姓」「大江健三郎と女性」「女のエクリチュール」等)と、書下ろし100枚「〈声〉と〈書くこと〉をめぐって──デリダ/スタール夫人/アレント」を収録。

目次

人文学の遠めがね
I ベンジャミン・フランクリンの恋文 その一
II ベンジャミン・フランクリンの恋文 その二(KYのメモ)
III 二本のネクタイ あるいは男女格差について
Ⅳ 性差のゆらぎ
Ⅴ 両性具有──排除的分類ではなく
Ⅵ わたしたちの社会的アイデンティティを剥奪しないでください──選択的夫婦別姓
Ⅶ 女たちの声
Ⅷ 続・女たちの声──六七年の記憶
Ⅸ 「性愛」と「おっぱい」
X  元祖は皇帝ナポレオン?
X I  大江健三郎と女性(一)──contemporaineであるということ
X II  大江健三郎と女性(二)── 政治少年のéjaculation
X III  大江健三郎と女性(三)──「全小説」とfictionとしての「小説家」
XⅣ 女のエクリチュール
XⅤ ゼラニウムの微かに淫靡な匂い──続・女のエクリチュール

〈声〉と〈書くこと〉をめぐって──デリダ/スタール夫人/アレント

「あとがき」にかえて

版元から一言

文学評論を通しながら、現代のアクチュアルな状況に鋭く切り込み、女性がおかれた環境を露わにしていく、力強いエッセイです。

著者プロフィール

工藤庸子  (クドウヨウコ)  (著/文

フランス文学、ヨーロッパ地域文化研究。東京大学名誉教授。著書に、『ヨーロッパ文明批判序説──植民地・共和国・オリエンタリズム』『近代ヨーロッパ宗教文化論──姦通小説・ナポレオン法典・政教分離』『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ──フランス革命とナポレオン独裁を生きぬいた自由主義の母』(いずれも東京大学出版会)、『政治に口出しする女はお嫌いですか?──スタール夫人の言論vs.ナポレオンの独裁』(勁草書房)。訳書に、『いま読むペロー「昔話」』訳・解説(羽鳥書店)、コレット『シェリ』(岩波文庫)。編著に『論集 蓮實重彥』(羽鳥書店)、共著に『〈淫靡さ〉について』(蓮實重彥、羽鳥書店)。他、多数。

上記内容は本書刊行時のものです。