版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
過去に触れる 田中 純(著) - 羽鳥書店
.

過去に触れる 歴史経験・写真・サスペンス

発行:羽鳥書店
A5判
620ページ
並製
価格 5,000円+税
ISBN
978-4-904702-60-4
Cコード
C3010
専門 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2016年4月
書店発売日
登録日
2016年3月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「過去に触れる」という「歴史経験」を探究するエッセイ集成。
とりわけ写真を通した過去との接触という出来事に着目して、小説家、詩人、思想家、建築家、美術史家、文学者、写真家たちの具体的な歴史経験から「過去に触れる」瞬間を描きだす。また、その経験を伝達する歴史叙述のあり方を「サスペンス」の原理のうちに見出し、本書の探究もまた、サスペンスの様相を呈したスリリングな展開をみせる。
「過去に触れる」旅の果てに見えてくる、歴史および写真における「希望」とは何か。

堀田善衛、宮沢賢治、橋川文三、松重美人、畠山直哉、牛腸茂雄、多木浩二、ヨーハン・ホイジンガ、アビ・ヴァ―ルブルク、ジルベール・クラヴェル、ダニエル・リべスキンド、W・G・ゼーバルト、ヴェルター・ベンヤミン、ロラン・バルト、G・ディディ=ユベルマン。

目次

はじめに
序 危機の時間、二〇一一年三月
 第1章 歴史の無気味さ──堀田善衞『方丈記私記』
 第2章 鳥のさえずり──震災と宮沢賢治ボット
 第3章 渚にて──「トポフィリ──夢想の空間」展に寄せて
 第4章 希望の寓意──「パンドラの匣」と「歴史の天使」
I 歴史の経験
 第1章 過去に触れる──歴史経験の諸相
 第2章 アーシアを探して──アーカイヴの旅
 第3章 半存在という種族──橋川文三と「歴史」
 第4章 いまだ生まれざるものの痕跡──ダニエル・リベスキンドとユダヤ的伝統の経験
II 極限状況下の写真
 第1章 剥ぎ取られたイメージ──アウシュヴィッツ=ビルケナウ訪問記
 第2章 歴史の症候──ジョルジュ・ディディ=ユベルマン『イメージ、それでもなお』
 第3章 イメージのパラタクシス──一九四五年八月六日広島、松重美人の写真
III 歴史叙述のサスペンス
 第1章 迷い蛾の光跡──W・G・ゼーバルトの散文作品における博物誌・写真・復元
 第2章 歴史素としての写真──ロラン・バルトにおける写真と歴史
 第3章 歴史小説の抗争──『HHhH』対『慈しみの女神たち』
 第4章 サスペンスの構造と歴史叙述──『チェンジリング』『僕だけがいない街』『ドラ・ブリュデール』
 第5章 歴史という盲目の旅──畠山直哉『気仙川』を読む
IV 歴史叙述者たちの身振り
 第1章 歴史の現像──ヴァルター・ベンヤミンにおける写真のメタモルフォーゼ
 第2章 記憶の色──ヴァルター・ベンヤミンと牛腸茂雄の身振りを通して
 第3章 「歴史の場(ヒストリカル・フィールド)」の航海者──「写真家」多木浩二
結論 歴史における希望のための十のテーゼ
註/跋/書誌/図版一覧/索引

版元から一言

『UP』『現代思想』『ユリイカ』などに掲載されたエッセイと書下ろし19編、図版127点を収録。

『過去に触れる』関連書籍リスト 選書・田中純

著者プロフィール

田中 純  (タナカ ジュン)  (

1960年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授・表象文化論(思想史・イメージ分析)。
[主要著書]
『都市表象分析I』(INAX出版、2000)
『ミース・ファン・デル・ローエの戦場』(彰国社、2000)
『アビ・ヴァールブルク 記憶の迷宮』『死者たちの都市へ』(青土社、2001、2004、サントリー学芸賞受賞)
『都市の詩学――場所の記憶と徴候』(東京大学出版会、2007、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)
『政治の美学――権力と表象』(東京大学出版会、2008、毎日出版文化賞受賞)
『イメージの自然史――天使から貝殻まで』(羽鳥書店、2010)
『建築のエロティシズム 世紀転換期ウィーンにおける装飾の運命』(平凡社新書、2011)
『冥府の建築家 ジルベール・クラヴェル伝』(みすず書房、2012)

上記内容は本書刊行時のものです。