版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ ポール・マー・ジュニア/Paul Maher Jr. (編集) - うから
..

トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ アルバム別インタビュー集成

発行:うから
A5判
400ページ
定価 2,800円+税
ISBN
9784904668023
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年1月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-11 朝日新聞  朝刊
評者: 細野晴臣(音楽家)

紹介

40年以上に渡り、音楽性とペルソナを変え時代に影響を与え続け、地球上で最も偉大なエンターテイナーの一人にして、アメリカが誇る鬼才・トム・ウェイツ。

ボブ・ディランと並ぶロック界古参の最重要人物であり、ノーベル文学賞 カズオ・イシグロの『日の名残り』の完成にインスピレーションを与えた男でもある。本書は、彼がこれまでメディアに語った500以上のインタビューの中から50以上を厳選してアルバム別に編纂した貴重インタビュー集。

時代の目まぐるしい変化に迎合することも、気まぐれなレコード会社の操り人形になることもなく、アルバムごとに独特の世界を構築してきた“トム・ウェイツの本質"が浮かびあがる。自身の発言によるインタビューから読み解く、トム・ウェイツ資料の決定版。天才吟遊詩人の言霊を訊け!

目次

◎イントロダクション
◎Closing Time|クロージング・タイム (1973)
・トム・ウェイツに聞く
・用心棒からステージ、そして路上へ
◎The Heart of Saturday Night|土曜日の夜 (1974)
・ロサンゼルスは詩だ [他]
◎Nighthawks at The Diner|娼婦たちの晩餐
・トム・ウェイツ─ストリートに寄り添いながら [他]
◎Small Change|スモール・チェンジ
・トム・ウェイツ、ペイスティとGストリング [他]
◎Foreign Affairs|異国の出来事
・トム・ウェイツ、ストリートを語る [他]
◎Blue Valentine|ブルー・ヴァレンタイン(1978)
・リッキー・リー・ジョーンズ、新しい家族を語る [他] ◎Heartattack and Vine|ハートアタック・アンド・ヴァイン(1980)
・《ハートアタック・アンド・ヴァイン》~エレクトラ・レコードによるプロモーション用インタビュー [他]
◎One from the Heart|ワン・フロム・ザ・ハート(1982)
・「シンプルなラブストーリー」
◎Swordfishtrombones|ソードフィッシュトロンボーン(1983)
・トム・ウェイツと語る 《ソードフィッシュトロンボーン》
・バグパイプとソングライティング~「ビートは死なず」 [他]
◎Rain Dogs|レイン・ドッグ(1985)
・「ごろつきのサルタン」
・「ウェイツ、異常な行動の利点について」 [他]
◎Franks Wild Years|フランクス・ワイルド・イヤーズ(1987)
・《ボーホー・ブルース》
・ウェイツ、ボイス・コントロールについて語る [他]
◎Big Time|ビッグ・タイム(1988)
・ウェイツ、スポットライトを浴びることについて
・ウェイツ、曲作りのプロセスについて語る [他]
◎Bone Machine|ボーン・マシーン(1992)
・ウェイツの、嘘について
・作曲家、ミュージシャン、パフォーマー、俳優:トム・ウェイツはルネッサンスマンだ。 [他]
◎Black Rider|ブラック・ライダー(1993)
・ウェイツ、バロウズについて、バロウズ、ウェイツについて語る
・ウェイツ、ウォーターフォンについて語る [他]
◎Mule Variations|ミュール・ヴァリエイションズ(1993)
・「ホーボー・サピエンス」
・「トム・ウェイツ、矢の如し」 [他]
◎Alice|アリス / Blood Money|ブラッド・マネー(2002)
・トム・ウェイツ、サウンド作りについて語る
・ホーボー、家に帰る [他] ◎Real Gone|リアル・ゴーン(2004)
・世界のどこかから聞こえる最後の呼び声
・トム・ウェイツは語る [他]
◎Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards|オーファンズ:ブローラーズ、ボーラーズ&バスターズ(2006)
・トム・ウェイツ:コール・アンド・レスポンス [他]
◎訳者あとがき

著者プロフィール

ポール・マー・ジュニア/Paul Maher Jr.   (ポール マー ジュニア)  (編集

1963年、テキサス州アマリロ生まれの作家、書評家、写真家。『Keruac : HIs Life and Work』『Burning Furiously Beautiful : The True Story of Jack Keruac's On the Road』などジャック・ケルアックに関する著作で知られる。

上記内容は本書刊行時のものです。