版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ナラティヴ・セラピー シーラ・マクナミー(編集) - 遠見書房
..

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

9784904536803

ナラティヴ・セラピー 社会構成主義の実践

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:遠見書房
四六判
縦190mm
180ページ
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-904536-80-3   COPY
ISBN 13
9784904536803   COPY
ISBN 10h
4-904536-80-0   COPY
ISBN 10
4904536800   COPY
出版者記号
904536   COPY
Cコード
C3011  
3:専門 0:単行本 11:心理(学)
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2014年12月
書店発売日
登録日
2016年9月9日
最終更新日
2016年9月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ナラティヴ・アプローチの原点
待望の復刊!

ナラティヴ・セラピーの登場以降,心理療法のあり方は,根底から変わった。セラピストとクライエントの関係性に注意が向けられるようになり,クライエント とコラボレイトしてゴールを目指すという姿勢も当たり前のものになった。「客観的現実」よりも「人々の間で構成される現実」がリアリティを持つようになっ た。
その出発点となったのがこの本である。
ホワイト,グーリシャン,アンダーソン,アンデルセン……新しい心理療法の時代をつくり,根づかせた臨床家たちの試みは,家族療法の分野で始まった。90 年代に入ると,この変化の全体を見渡せる視点やその思想的背景が見えるようになってきた。それが社会構成主義(ソーシャル・コンストラクショニズム)であ り,ナラティヴという視点であった。
多くの待望の声がありながら版が止まっていたものを,今回一部訳文の再検討をし,復刊。本書は,刊行から20年近くをすぎても今なお色あせない,一番新しい心理療法の原典である。

目次

序章 シーラ・マクナミー、ケネス・J・ガーゲン
押し寄せる波
構成主義という意識の芽生え

第一章 家族療法のための再帰的視点 リン・ホフマン
一 現代心理学における五つの聖なるもの
二 メンタルヘルスにおける植民地主義
三 居心地の悪さが増すなかで
四 「再帰的reflexive」という言葉
五 専門家を消し去ること
六 セラピストの物語
七 連想の形式
八 参加の倫理

第二章 クライエントこそ専門家である――セラピーにおける無知のアプローチ
ハーレーン・アンダーソン、ハロルド・グーリシャン
一 〈社会構造〉から〈意味生成〉へ
二 治療的会話――対話モード
三 会話的質問――理解の途上にとどまり続ける
四 ローカルな意味とローカルな対話
五 治療的質問とそうでないもの
要   約

第三章 「リフレクティング手法」をふりかえって トム・アンデルセン
一 今日の私の考え
二 初期の頃――内科医として
三 別の道を探る
四 大きな転換――リフレクティング
五 面接の方法と手順
六 言葉と「自己」形成
おわりに

第四章 治療を拡げる新しい可能性 ギアンフランコ・チキン
一 エネルギーから情報ヘ
二 「備わった特質」から「現実の共同制作」という見方ヘ
三 焦点を変える――「家族」から「治療者自身」へ
四 「どっちつかずの共同制作者」

第五章 書きかえ療法――人生というストーリーの再著述
デービッド・エプストン、マイケル・ホワイト
 一 「ストーリー」あるいは「物語」
二 物語を具体化してゆく演技
三 物語の不確定要素――書きかえの可能性
四 人生の「改訂版」を作る――ローズの場合
五 「書きかえ療法」――前提と実践

第六章 ナラティヴ・モデルを越えて ケネス・J・ガーゲン、ジョン・ケイ
一 モダニストの治療物語
二 ポストモダンにおける治療的現実
三 物語と実践的有用性
四 物語を越えて
五 治療的な〈動き〉

著者プロフィール

野口 裕二  (ノグチユウジ)  (翻訳

東京学芸大学教育学部教授
北海道大学大学院社会学専攻博士課程単位取得退学
主著『物語としてのケア:ナラティヴ・アプローチの世界へ』(医学書院,2002),『ナラティヴの臨床社会学』(勁草書房,2005),『ナラティヴ・アプローチ』(編著,勁草書房,2009)。

上記内容は本書刊行時のものです。