版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アジア図像探検 杉原 たく哉(著) - 集広舎
.

アジア図像探検

発行:集広舎
A5判
290ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-904213-92-6
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年6月
書店発売日
登録日
2020年5月14日
最終更新日
2020年6月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

安土城「モン・サン=ミシェル祖型」説やアジアにおける日本語の「ひらがなの[の]のブランド威力」など、古今東西の様々な図像について分かりやすく綴ったショート・エッセイ147篇。知の喜びを根底に宿す、杉原たく哉「図像学」。

目次

アジア図像探検
 ショートエッセイ(全147篇)
論文選
 七聖剣の図様とその思想
 漢代画像石に見られる胡人の諸相
 神農図の成立と展開
 狩野山雪筆歴聖大儒像について
 蠣崎波響筆「夷酋列像」の図像学的考察
杉原たく哉年譜
不埒な遊び心を満たせる場所へ──解説にかえて
あとがき

前書きなど

「解説にかえて」より ───────────────
(前略)そして、二〇一六年四月号掲載の第一四七回「自然観の東西1」は、(続)とされ、このテーマがあと数回つづくであろうことを告げている。だが、『月刊書道界』は、その後、五月号と六月号では、同連載を「休載」と通知した。そして、七月号においては「作者逝去により連載を終了します。杉原先生有難うございました。謹んでご冥福をお祈りいたします編集子」とのコメントを載せている。五月末日の、氏の逝去によるものである。このような経緯で、「アジア図像探検」は、まさしく氏の絶筆となった。

著者プロフィール

杉原 たく哉  (スギハラ タクヤ)  (

1954年東京都生まれ。1989年早稲田大学大学院博士課程修了。早稲田大学文学部助手・講師、および他大学非常勤講師。専門は中国古代美術史だが、専門の枠にとらわれず、日中のさまざまな図像を比較芸術の視点から幅広く研究する。2016年逝去。著書に『中華図像遊覧』(大修館書店)、『いま見ても新しい古代中国の造形』(小学館)、『しあわせ絵あわせ音あわせ─中国ハッピー図像入門』(NHK出版)、『天狗はどこから来たか』(大修館書店)、共著書に『カラー版東洋美術史』(美術出版社)ほか、著書・論文・エッセー多数。

上記内容は本書刊行時のものです。