版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日中交流の軌跡 崔 淑芬(著) - 中国書店
.

日中交流の軌跡

発行:中国書店
A5判
370ページ
並製
価格 3,500円+税
ISBN
978-4-903316-55-0
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年1月
書店発売日
登録日
2017年1月31日
最終更新日
2017年2月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 一衣帯水の国である中国と日本の交流の歴史は長い。近現代に
おいて、中日双方には不幸な歴史があったことも事実である。それ
らを念頭においてなお、両国の過去の交流史にスポットを当て、未
来を想うことは遙かに有意義なことであると考える。
 現在に至るまで中日の交流史上で明らかになっている人的交流
は、それに伴う物質・文化の側面を含めて、多岐多様に亘る。
 本書では、その中で人的側面にスポットを当て、古くは徐福、鑑真
や、空海、阿倍仲麻呂から、近現代の孫文や蒋介石、宮崎滔天、梅屋
庄吉等を取り上げ、その足跡を辿ることを試みた。検証のために訪
れた遺跡は、風化していたり、草木に覆われていたものも少なくな
い。しかし、これらの遺跡や交流は皆、一方では貴重な文化財であ
り、他方では次世代にも引き継がれるべき歴史の一齣でもある。
 この探求によって、中日両国の諸領域に亘る洋々たる展望が開
けるとすれば幸いである。

目次

まえがき
徐福 ─東渡上陸地の謎
鑑真 ─鹿児島の上陸記念地と伝教
楊貴妃 ─東渡の謎
空海 ─ゆかりの地 西安の青龍寺
阿倍仲麻呂 ─興慶宮と甘露寺の記念碑
謝国明 ─博多文化の展開と承天寺
朱舜水 ─儒学の伝播と日本の弟子達
呉錦堂 ─神戸の「呉錦堂池」と「移情閣」
黄遵憲 ─『日本雑事詩』・『日本国志』
孫文 ─在日の革命運動
宮崎滔天 ─日中友好発祥の聖地記念碑
梅屋庄吉 ─孫文の革命運動への援助
黄興 ─中国の西郷隆盛
蒋介石 ─日本軍事学校への留学
柏文蔚 ─長崎の「龍吟橋」と「無字之碑」
蔡鍔 ─将軍の日本留学とその死
郁達夫 ─名古屋大学の『沈淪』記念碑
魯迅 ─仙台留学と藤野先生
陳建功 ─東北大学が生んだ数学開拓者
蘇歩青 ─中国の数学教育者と日本留学
『民報』 ─中国同盟会結成と機関紙
郭沫若 ─大文豪と九州の縁
「中国留学生記念碑」 ─辛亥革命期の留学生達
陳天華 ─『警世鐘』・『猛回頭』
秋瑾 ─女英雄と下田歌子の実践女学校
周恩来 ─京都の「雨中嵐山」詩碑
聶耳 ─中国国歌の作曲者と藤沢の記念碑
華僑 ─函館他の在日華人社会
あとがき

著者プロフィール

崔 淑芬  (サイ シュクフン)  (

崔 淑芬(さい・しゅくふん)
昭和33年,中国北京生まれ。
中国上海華東師範大学歴史学部卒業。
1996年,国立九州大学大学院文学研究科東洋史学専攻博士後期課程修了,
文学博士学位取得。
現在,筑紫女学園大学・大学院教授。
【著書】
『近代中国における師範教育の展開―清末から1948年までを中心として』
アジア文化総合研究所出版会, 1997年
『児玉花外詩存―日本人詩人筆下における辛亥革命著名人の実記』(漢詩訳)
中国重慶出版社,2003年
『来日中国著名人の足跡探訪―徐福・楊貴妃から蒋介石・周恩来・汪兆銘まで』
中国書店,2004年 
『中国女子教育史―古代から1948年まで』中国書店,2007年
『中国少数民族の文化と教育』中国書店,2012年
『アジアのなかのジェンダー』(共著)ミネルヴァ書房 2012年

上記内容は本書刊行時のものです。