版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
子どもと親と性と生 安達 倭雅子(著) - 東京シューレ
...

子どもと親と性と生

縦190mm
205ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-903192-08-6
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2007年11月
登録日
2016年2月29日
最終更新日
2016年2月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

思春期になるまでに、子どもと話しておきたい、性のこと、いのちのこと、生きること。子育てに生かす性教育の本。

目次

1 子どもに性を話す理由ってなに?(生まれたときからおとなは性にこだわっている
名前で表す性 ほか)
2 性をどう考えて子育てをする?(まずは身体の部位の名称を正しく教えることから
性について教えすぎはあるの? ほか)
3 女の子の性のはなし(「プライベート・ゾーン」の確立は自立の基礎になる
子どもを性被害から守るために伝えたいこと ほか)
4 男の子の性のはなし(お母さんもお父さんも、学ばなければ話せない
「キレイ」が好まれる時代に話しておきたいこと ほか)
5 こんなに多様な人間の性(セクシュアル・ライツは自分らしく生きる権利
女と男の分かれ目は、そうはっきりしていない ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。