版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
風の花と日時計 山岸 健(著/文) - 人文書館
.

風の花と日時計 人間学的に

発行:人文書館
四六判
358ページ
上製
定価 4,500円+税
ISBN
978-4-903174-31-0
Cコード
C1036
教養 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年12月
書店発売日
登録日
2014年12月9日
最終更新日
2014年12月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介


“考へよ、人生の旅人”

知の伝道者は、いう。「人生を旅している私たち一人、
ひとりは、できるだけ様々な方法で、人生を生きる喜び
と楽しみを、日々、体験しながら、前へ、前へと
進んでいかなければならない」、と。
時に社会学者ジンメルのように、生のありようと
「生の形式」を語り、実証学としての社会学を主張した
コントを論じ、更にサン=テグジュペリのように、
「人生に意味を。戦争か平和か?」と問い掛ける。
そして時には、西田幾多郎の哲学の道に佇み、そして
同郷の詩人・堀口大學の北の国を訪ね、西脇順三郎の
「幻影の人」の地に立ち、画家のモネやゴーギャンを
話柄(わへい)にして芸術哲学を述べ、
時には「知の旅人」として風の音に触れた日々を想う。
透徹した山岸[社会学的人間学]の小論集(エッセイ)!

生きるために学ぶ、考える、感じる、
さらに広く、深く。

目次


序にかえて 風と大地と人生に
Ⅰ 信濃川のほとりにて
Ⅱ 東は隅田川、西はむさし野、そして多摩川
Ⅲ 大地と風情、さもなくば詩情
Ⅳ 風に鳴る音
Ⅴ 壁と窓のドラマツルギー
Ⅵ 永遠の今――旅路から
Ⅶ 考へよ人生の旅人
Ⅷ 日時計と風の花に。――人生を旅するということ
おわりに 人間の土地、あるいは〝風と砂と星々〟
花束 あとがきにかえて

前書きなど


生きることの意味について

生きるということは、
さまざまな方法によって
力を蓄えながら、力を発揮して
前へと進むこと、
活動し、行為するということであり、
前途に希望を抱きながら
躍動的な〈生〉を
繰り広げていくということだ。(本文より)

著者プロフィール

山岸 健  (ヤマギシ タケシ)  (著/文

1934年、新潟県長岡市生まれ。
1957年、慶應義塾大学文学部哲学科社会学専攻卒業。
慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。
慶應義塾大学教授、大妻女子大学教授を経て、
現在、慶應義塾大学名誉教授、大妻女子大学名誉教授。社会学博士。
研究領域は、社会学の理論と学説、社会学的人間学、文化社会学など。
2013年秋に、瑞宝中綬章受章。
主な著書に、『日常生活の社会学』(NHKブックス)、
『社会的世界の探究』(慶應通信)、
『風景的世界の探究』(慶應義塾大学出版会)、
『風景とはなにか 都市・人間・日常的世界』(NHKブックス)、
『絵画を見るということ 私の美術手帖から』(NHKブックス)、
『人間的世界の探究』(慶應義塾大学出版会)、
『日常生活と人間の風景』(三和書籍)、
『レオナルド・ダ・ヴィンチへの誘い』(三和書籍)。
主な共著に、『音の風景とは何か』(NHKブックス)、
『日常生活と旅の社会学』(慶應義塾大学出版会)、以上は、山岸美穂との共著。
『希望の社会学』(三和書籍、草柳千早、浜 日出夫との共編著)。

上記内容は本書刊行時のものです。