版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
樹響 大城貞俊(著/文) - 人文書館
.
大城貞俊作品集【下】

樹響 でいご村から
原書: 樹響

発行:人文書館
四六判
296ページ
上製
定価 2,650円+税
ISBN
978-4-903174-29-7
Cコード
C1093
教養 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年4月
書店発売日
登録日
2014年4月2日
最終更新日
2014年4月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

梢を吹き渡る風の音よ! 水平線の彼方の幻影の人よ!
あの海の果てには、大空に繋がる道がある!

大城貞俊は、詩と詩論、そして小説を書き、卑小な存在として自己を問い詰めながら、
生きることの意味を問い続けてきた。
過ぎに過ぎて、内なる視点から、他者の具体的な日常へと想像力を飛翔させ、
詩の世界から散文の世界へ飛び出す。心奥の詩の散文化である。
言葉づかいの美しさは、大城貞俊の詩人としての魂にあり、
「ニライカナイ」(神々の国)の魂でもあろう。
本作品集は、いくつもの短編を縒り合わせて、生きることの尊さ、愛のかたち、
そして沖縄の現代性を問おうとする普遍的なテーマに繋げている。
現代沖縄文学を牽引する詩人であり、作家の静かな抒情集成である。

沖縄の過去と今日を繋ぐ現代性(アクチュアリティ)を見事に集約!

目次

巻頭詩

鎮魂 別れてぃどいちゅる
加世子の村
ハンバーガーボブ
でいご村から

[解説]鈴木智之(法政大学教授・文化社会学)

あとがき

前書きなど

希望を断じて捨てないということ
沖縄を描くことで普遍的な世界に到達する可能性を信じている。
沖縄の歩んできた共同体の歴史、悲喜こもごもの人生を担った人々の物語は、
世界の人々が共有することの出来る歴史であり物語である。
沖縄が有する風土や文化の特異性は、
世界の人々へ発信するに足る有益な経験であり文化的遺産である。
感動の拠点は、国が変わっても、時代が変わっても揺らぐことはない。
言葉を届ける喜びは、同時に小さな島で生きる無名の人々の
物語を紡ぐ喜びでもある。
己を不甲斐なく思い、虚しさに苛まれることもあるが、
希望を持ち続けることを矜持としたい。(あとがきより)

著者プロフィール

大城貞俊  (オオシロサダトシ)  (著/文

1949年 沖縄県大宜味村生まれ。
1973年 琉球大学法文学部国語国文学科卒業。
県立高校教諭、県教育庁県立学校教育課指導主事等を経て、現在、琉球大学教授。詩人・作家。
沖縄タイムス芸術選賞文学部門(小説)大賞受賞、沖縄タイムス教育賞受賞。

主な著書
詩集『夢・夢夢(ぼうぼう)街道』、評論『沖縄・戦後詩人論』『沖縄・戦後詩史』、小説『椎の川』(具志川市文学賞)、『山のサバニ』(戯曲「山のサバニ~ヤンバル・パルチザン伝」第1回沖縄市戯曲大賞)、「サーンド・クラッシュ」(九州芸術祭文学賞佳作)、詩集『或いは取るに足りない小さな物語』(第28回山之口貘賞)、小説『記憶から記憶へ』、『アトムたちの空』(第2回文の京文芸賞)、『運転代行人』、『ウマーク日記』、『G米軍野戦病院跡辺り』『大城貞俊作品集【上】島影―慶良間や見いゆしが』(人文書館)ほか。
原作・脚本:映画『ひまわり~沖縄は忘れない、あの日の空を』(脚本)、演劇集団「創造」の舞台「でいご村から」(原作)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。