版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
教養のコンツェルト 高橋 義人(編著者) - 人文書館
.

教養のコンツェルト 新しい人間学のために

発行:人文書館
四六判
664ページ
上製
定価 5,800円+税
ISBN
978-4-903174-25-9
Cコード
C1000
教養 単行本 総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年4月
書店発売日
登録日
2011年3月31日
最終更新日
2016年5月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人間について、自然について、環境について「学ぶ」こと。
多様性を生きるために。自然と文化の境界を超えて!
「教養」とは何か、「教養の力」とは何なのか。
教養学の愉しき世界――リベラルアーツの時間
先導する知から総合する知へ。知の新しい世界へ。
 心を耕す力、生きることを考える力、物事のよしあしを見分ける力、苦悩する力、逞しく生きる力、助け合う力を、どのように学ぶのか。
 本書は、京都大学大学院人間・環境学研究科(略称「人環」)が「自然と人間との共生」という理念のもとに、21世紀における人間と環境との新しいかかわりを模索してゆくために発刊している『人環フォーラム』(No.1~26)のうちの、知の先導者たち、知の探検者たちとの歓談、共同討議の記録を、元編集長の高橋義人教授を代表編者として纏めるものである。

目次

1 自然と文化の境界を超えて
2 創造性のある人間とは
3 「森林の文化」を再考する
4 ポスト京大百周年を考える
5 「考古学ブーム」を再考する
6 科学は悪魔か
7 聖なる時間、聖なる空間とは
8 映画学と国立大学の未来
9 東アジアの過去、現在そして未来
10 ゲノムと哲学
11 曼荼羅を語る
12 理系の知と文系の知
13 時間とあいだ
14 生と死のあいだ
15 大学論・学問論
16 坊主と職人
17 学問の宗教的背景
18 四則のできない大学生
19 京都学派の伝統を背負って
20 人文・社会科学の新しいパラダイムを求めて
21 エコ感覚とライフスタイル
22 西欧の「雰囲気」と日本の「気」
23 日本は地震の活動期に入ったか
24 湖の文化と砂漠の文化
25 社会的共通資本
26 博物館あれこれ

前書きなど

【参加者】(登場順)
梅棹忠夫/井上民二/養老孟司/松沢哲郎/河合雅雄/北村昌美/斎藤清明/筒井清忠/東 正彦/佐原 真/田中 琢/岡田節人/芦津丈夫/岩田慶治/山田孝子/蓮實重彦/上田正昭/金 東勲/中村桂子/篠原資明/杉浦康平/頼富本宏/有馬朗人/木村 敏/大澤真幸/島薗 進/カール・ベッカー/西島安則/児嶋眞平/佐藤文隆/上山安敏/西村和雄/林 哲介/上田閑照/川島昭夫/田邊玲子/横山俊夫/日高敏隆/浅野耕太/ゲルノート・ベーメ/小川 侃/尾池和夫/嘉田由紀子/勝又直也/宇沢弘文/川那部浩哉/松田 清
【司会・聞き手】
福井勝義/高橋義人/間宮陽介/佐伯啓思/田中耕司/加藤幹郎/山田 誠/宮崎興二/稲垣直樹/阪上雅昭

著者プロフィール

高橋 義人  (タカハシ ヨシト)  (編著者

高橋義人(たかはし・よしと)
1945年、栃木県生まれ。1968年、慶應義塾大学文学部卒業。慶應義塾大学助手、京都大学教養部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を経て、現在は、京都大学名誉教授。平安女学院大学特任教授。文学博士。
主な著書
『形態と象徴─ゲーテと〈緑の自然科学〉』(岩波書店、1988年)/『ドイツ人のこころ』(岩波新書、1993年)/『魔女とヨーロッパ』(岩波書店、1995年)/ゲーテ『色彩論【完訳版】』(共訳、工作舎、1999年)/『グノーシス 異端と近代』(共編著、岩波書店、2001年)/『グリム童話の世界』(岩波新書、2006年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。