版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
風の人 高橋 徹(編著者) - 人文書館
.

風の人 寺尾勇と飛鳥保存

発行:人文書館
四六判
上製
定価 2,381円+税
ISBN
978-4-903174-24-2
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年3月
書店発売日
登録日
2010年3月4日
最終更新日
2016年5月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

平城京遷都千三百年!
万葉のふるさと飛鳥保存とは何だったのか!
文化的景観形成事業は不要なのだろうか。
“風のごとき実存”を生きた
稀有な美学者の「保存の哲学」とその軌跡。
元朝日新聞文化財記者が編んだ貴重な記録!
“風土”のありようを問い直しながら!

風土はそこに住む人間を離れては存在しない。風土はそこに住む人間生活の
客体化であり、自己発見である。「風土」の意味を確立しない保存は如何なる
美名もつとも、それは破壊につながるからである。人々が全人的に生きる「存在
の証明」である。保存という自己完結、自己閉鎖としての限界ではなく明るく広い
地平に於ける人間の発見である。
不思議な欲望と、底なき絶望にあがき悩んだ聖徳太子、蘇我馬子、万葉の
宮廷人の、ちとせの古い血をひいたと思われる古代日本がそのまま生き残った
飛鳥人(あすかびと)独自の素朴な顔のひたいのしわに……。
(寺尾勇語録・本文より)

目次

第一章 風と共に―縁の下の力持ち
第二章 大和のこころと歴史的風土を守る―飛鳥保存キャンペーン
第三章 “まほろば”の明日のために―「俗化する大和」から「飛鳥保存」へ
第四章 哀愁の古都に立って―古代景観の保存と住民の暮らし
第五章 飛鳥の未来へ―寺尾試案(有料史跡公園化)
第六章 古代の青に遊ぶ―飛鳥歴史散歩
第七章 風の十字路―メディアが紹介した寺尾勇と飛鳥保存
第八章 歩けばカツカツと古代の音が―景観保存問題としての飛鳥保存運動 西川幸治+高橋 徹&付論

著者プロフィール

高橋 徹  (タカハシ トオル)  (編著者

1938(昭和13)年、大分県臼杵市生まれ。1963年 京都大学農学部農林経済学科卒。
1998年 朝日新聞社定年退職。現在はフロンティアエイジ編集委員。
主な著書
『明石原人の発見―聞き書き・直良信夫伝』
『古代史を変える―考古学記事をどう読むか』
『道教と日本の宮都―桓武天皇と遷都をめぐる謎』
『発掘された『万葉集』の謎―宮殿から信仰まで遺跡が語る万葉時代の実像』
『三蔵法師のシルクロード』
『古代への遠近法―考古学記者のファイルから』
『卑弥呼の居場所 狗邪韓国から大和へ』など多数。

フロンティアエイジ  (フロンティアエイジ)  (

活字が大好きな新聞記者や旅行会社OBが集まり、2006年4月に創刊したシニア情報紙。
近畿一円に92万部を配布。

上記内容は本書刊行時のものです。