版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
CHINA AND THE WEST 中国はリベラルな国際秩序に対する脅威か? H・R・マクマスター(著/文) - 楽工社
.

CHINA AND THE WEST 中国はリベラルな国際秩序に対する脅威か?

発行:楽工社
四六判
211ページ
並製
価格 1,680円+税
ISBN
978-4-903063-92-8
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年4月26日
書店発売日
登録日
2020年4月24日
最終更新日
2020年7月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

米中を代表する論客が公開ディベートの場で大激論!
世界的に知られる公開討論イベント「ムンク・ディベート」での舌戦の模様を収録。生の議論を通じて、問題の核心がわかる。
さらに巻末に、30ページ超の長文解説を収載。

目次

第1章 司会者ラッドヤード・グリフィスによる事前インタビュー
第2章 ディベート:CHINA AND THE WEST(中国と西側世界)
──中国はリベラルな国際秩序に対する脅威か?
解説──本書を的確に読み解くために 佐橋 亮

上記内容は本書刊行時のものです。