版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ふしぎな話 和田 登(著) - しなのき書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。了解書が必要な場合はFAXでお送りください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ふしぎな話 (フシギナハナシ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
207ページ
上製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-903002-37-8   COPY
ISBN 13
9784903002378   COPY
ISBN 10h
4-903002-37-3   COPY
ISBN 10
4903002373   COPY
出版者記号
903002   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2012年3月30日
書店発売日
登録日
2016年10月17日
最終更新日
2021年4月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

親から子へ、子から孫へと 大切に語り継いでいきたい、信州の民話・伝説などを集成した「信州むかし語りシリーズ」第5巻。

奇々怪々な「ふしぎな話」、身の毛もよだつような「こわい話」37編を収録。

目次

1 ふしぎな木々や花
2 つきない神仏の奇跡
3 変化する生き物たち
4 もののけの怪
5 まかふしぎな人物伝
6 おそろしいちょんまげ時代
7 身の毛もよだつ明治以後の話

前書きなど

「゛信州むかし語り〟が意味するものは―。
それぞれの巻が「うつわ」であるとするならば、そこには民話やその大胆な再話はもちろん、信州の土壌から生まれたドキュメントや創作をももられる、これまでに試みられたことのなかった「うつわ」である。」(著者「シリーズまえがき」より) 

版元から一言

おなじみの「げんばのじょうの狐の話」「早太郎は来ないか」をはじめ、狐や狸、猫、犬、小鳥、牛、馬、蛇やカエルまで、ふるさと信州の動物たちの39話を収録。

読み聞かせにも最適です。

著者プロフィール

和田 登  (ワダ ノボル)  (

児童文学者。1936年、長野県生まれ。信州大学教育学部卒業。「虫」で第1回日本児童文学者協会短編賞を受賞。塚原健二郎文学賞、産経児童出版文化賞を受賞。代表作に「キムの十字架」(明石書店)、「唄の旅人 中山晋平」(岩波書店)、「想い出のアン」(岩崎書店)、「松代大本営」(岩波書店)などがある。

和田 春奈  (ワダ ハルナ)  (

1967年、長野県生まれ。デザイン事務所を経て、挿絵、装丁の仕事に入る。「怪奇ミステリー」シリーズ全6巻(PHP研究所)、「キムの十字架」(明石書店)、「エンジェルがとんだ日」(学習研究社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。