版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
刑務所の中の中学校 角谷 敏夫(著) - しなのき書房
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫僅少

取次情報

取次: 地方小
直接取引: あり(自社)

刑務所の中の中学校

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦190mm 横127mm
191ページ
並製
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-903002-27-9   COPY
ISBN 13
9784903002279   COPY
ISBN 10h
4-903002-27-6   COPY
ISBN 10
4903002276   COPY
出版者記号
903002   COPY
 
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2010年8月26日
書店発売日
登録日
2016年10月16日
最終更新日
2020年11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

地方出版文化功奨励賞

重版情報

3刷 出来予定日: 2010-10-12
2刷 出来予定日: 2010-10-06

紹介

生徒はすべて受刑者。日本で唯一、世界でも例のない刑務所の中にある中学校。

昭和30年に誕生した刑務所の中の松本市立旭町中学校桐分校。そこには義務教育を修了していない受刑者たちが全国からやってくる。1日10時間、生まれ変わろうと日本一勉強する生徒たちは、勉強することで自分や罪を見つめなおしている。

「学ぶことで人は変われる」と、35年にわたり教壇に立ち続けた教師が、学ぶこと、生きることの意味を生徒たちに問いかける。

目次

松本市立旭町中学校桐分校
桐分校の1年
桐分校の生徒とともに
日記
新宿発23時55分の鈍行列車に乗って

前書きなど

「長野県松本市は桐分校があることを誇って良い。市立旭町中学校の分校が松本少年刑務所内にあり、全国の刑務所から、義務教育を受けることができなかった受刑者のうちで勉学意欲の高いものたちが選ばれてここで学び、中学卒の資格を取って戻ってゆく。(中略)おそらく同窓会は開かれたこともなく、これからも開かれることがないであろう中学校だが、角谷先生への官舎の思いは、卒業生たちの胸のうちに深くいつまでも刻まれていることだろう。」〈推薦:菅原文太(俳優)〉

著者プロフィール

角谷 敏夫  (スミヤ トシオ)  (

昭和22年(1947)生まれ。元松本市旭町中学校桐分校教官。大学卒業後、昭和48年から平成20年まで35年間、松本市立旭町中学校桐分校に勤務する。退職後は、各地で講演活動を行っている。

上記内容は本書刊行時のものです。