版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
サヴォア邸 宮本 和義(写真) - バナナブックス
.
World Architecture 

サヴォア邸 建築家 ル・コルビュジェ

A5判
63ページ
並製
定価 1,524円+税
ISBN
978-4-902930-12-2
Cコード
C3352
専門 全集・双書 建築
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年7月
書店発売日
登録日
2010年12月24日
最終更新日
2010年12月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

現代住宅の原点であり近代住宅の最高傑作、
ル・コルビュジェのサヴォア邸(フランス/1931年竣工)。新たに起こした正確な図面と、建築写真の名手・宮本和義による55枚の写真、仏政府公認建築家・山名善之の解説により、豊かな空間構成と歴史的な意味を詳解したサヴォア邸の決定本。

ル・コルビュジェ(1887-1965)
スイスのラ・ショード・フォン生まれ。時計職人を養成する装飾美術学校を卒業した彼は、正規の建築家教育を受けていない。オーギュスト・ペレの事務所などに籍を置き、建築を学ぶ。1922年に事務所を設立。伝統的な石積みが主流だった第一次大戦中に復興をにらみ、スラブ、柱、階段のみの「メゾン・ドミノ」を考案。1920年代の数々の住宅建築の名作で近代建築の五原則を追及し、代表作サヴォア邸で白の時代の頂点を迎える。晩年はそれまで唱えていた建築と合理性をベースに有機的作品、ロンシャンの礼拝堂など生命感溢れる作風にいたる。今日でも多大な影響を与え続ける20世紀の巨匠。

目次

住宅写真
図面
ディティール・スケッチ
「機械」の美学としてのサヴォア邸
 パリ郊外と第一機械時代
 広大な草原に建つ
 建築的散策
 最もル・コルビュジエらしい作品
 「住む機械」と規格化の美学
 「白の時代」の建築言語
 リスキーな施主ピエール・サヴォア
 第一機械時代の最終章、サヴォア邸

著者プロフィール

宮本 和義  (ミヤモト カズヨシ)  (写真

宮本 和義(ミヤモト カズヨシ)写真家。1941年上海生まれ。1964年から建築分野、旅分野で活動。著書に『近代建築再見』(エクスナレッジ)、『和風旅館 建築の美』(JTB)、『古寺彩彩』(JTB)、『近代建築散歩』(小学館)、『シュレーダー・ハウス』『オルタ・ハウス』『ラ・トゥーレット修道院』『ミュラー邸』『トゥーゲントハット邸 』(バナナブックス)など多数。

山名 義之  (ヤマナ ヨシユキ)  (

山名 義之(ヤマナ ヨシユキ) 建築家。1966年生まれ。東京理科大学卒業後、香山アトリエを経て、パリ・ベルヴィル建築大学dplg課程、パリ大学Ⅰ博士課程修了。アンリ・シリニアニアトリエ(文化庁在外派遣芸術家研修員)を経て、現在東京理科大学准教授、国立西洋美術館客員研究員。PhD、仏政府公認建築家dplg。著書に『ジャン・プルーヴェ』(共著、監修、TOTO出版)など。Atelier Yamanaを主宰し、「飯能K邸」「南馬込K邸」などを手がける。

関連リンク

サンプルページ

上記内容は本書刊行時のものです。