版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
いま、台湾で隠居してます 大原 扁理(著/文) - K&Bパブリッシャーズ
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

いま、台湾で隠居してます

四六判
縦188mm 横130mm 厚さ20mm
256ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-902800-67-8
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年12月15日
書店発売日
登録日
2020年10月26日
最終更新日
2021年3月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2015年出版『20代で隠居』の台湾編感動エッセイ。
31歳で17万円握りしめて移住、3年間の新しい隠居生活。
言葉も勝手もわからぬ国での「頑張らない日々」のなか、
ぶらり気楽な隠居暮らしにしか見えてこないものがある。
「台湾讃歌」と「マイノリティ讃歌」がこの本のテーマだ。
台湾を知るにつけ、心に沁みてくるのは差別感覚の薄さ。
明るい人情はマイノリティの人々もすんなり受け入れる。
ホームレスにもLGBTにも物売りの少女にも温かい。
「言葉に不自由な外国人の隠居」もまたマイノリティだが、
ここ台湾ではラク~なことに気づく。
エッセイの語り口は軽く淡々としているものの、それが、
読者にしみじみとした感動を与えてくれる。

目次

<第1章>
なぜ、台湾で隠居することになったのか
  ・台湾に移住する前にやっておきたいこと
  ・ビザのこと
  ・お金と保険はどうする
  ・住む家を探しておく
  ・事前に台湾事情を知っておく
・台湾へ出発

<第2章>
台湾で日常生活を作り上げる
・家を決める
・仕事のことを考える
・台湾で暮らしを始める
・気候と衣服について
・食事は外食か、自炊か
・仕事をする

<第3章>
台湾の隠居生活に根が生える
・ワーホリビザが切れた!
・1か月の生活費は5万円以下
・言語の問題
・日帰り温泉の楽しみ
・街を歩く

<第4章>
台湾で隠居するということ、あるいはマイノリティである、ということ
・コロナ禍の台湾
・日本語世代の人々と出会う
・名前に執着がない台湾人
・隠居も病気にかかる
・台湾でウツは治るのかレポ
・私はインスタント言語障がい者
・ご近所づきあい
・マイノリティと台湾の生きやすさ
・日に日にアホになっていく

前書きなど

はじめに

 はじめましての方も、知ってくださってるという方も、台湾からこんにちは。大原扁理と申します。
 この本は、私が2016年の秋から約3年間、思いつき&ノープランで台湾に移住してから、かの地で隠居生活を作り上げるまでの体験、見聞きしたもの、考えたことをまとめたものです。

 まず、隠居生活って何? って感じですよね。少し自己紹介をさせてください。
 私は25歳から東京郊外で隠居生活を始めました。
 隠居生活といっても、徳川のご老公とか、落語に出てくるような感じではなくて、週に2日だけは生活費のために働くけれども(介護の仕事をしていました)、あとの5日はなるべく社会と距離を置き、年収100万円程度稼いだら、あとは好きなようにさせてもらう、という感じ。少労働、低消費、そして省エネ型の最高な生活。それを6年ほど続けました。詳しくは『20代で隠居 週休5日の快適生活』などの拙書に書いてあるので、興味のある方は読んでみてください。

 そして今回は、それを台湾でやってみた、という記録です。
 そんな簡単に海外移住とかできるんかい、とお思いでしょうが、結論から言いますと、できちゃってるんですよ、これが。相変わらず、東京に住んでいたときから親の遺産や株はなし! 宝くじにも当たっていない! ITにも疎いまま、です。

 いつか海外に移住したい、という方にも、ふつうの観光に飽きてしまい、違う楽しみ方を知りたい、という方にも、もちろんただ読んで行った気になりたい、という方にも。これがベストとは言わないけれどひとつの例として、なにか役に立つことがあれば幸いです。あ、ふつうの観光旅行には、あんまり役に立たないかもしれませんが…。

著者プロフィール

大原 扁理  (オオハラ ヘンリ)  (著/文

1985年愛知県生まれ。25歳から東京で隠居生活を始める(内容は『20代で隠居 週休5日の快適生活』などで紹介)。31歳で台湾に移住。『年収90万円で東京ハッピーライフ』(太田出版)、『なるべく働きたくない人のためのお金の話』(百万年書房)の著書がある。

上記内容は本書刊行時のものです。