版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
19世紀アイルランド旅行ガイドコレクション 全5巻+別冊日本語解説 Ireland in the 19th Century through Travellers’ Guides 勝田俊輔(編集) - ユーリカ・プレス
.

19世紀アイルランド旅行ガイドコレクション 全5巻+別冊日本語解説 Ireland in the 19th Century through Travellers’ Guides 復刻集成版 Ireland in the 19th Century through Travellers’ Guides

A5判
2400ページ
上製
定価 128,000円+税
ISBN
978-4-902454-90-1
Cコード
C3326
専門 全集・双書 旅行
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2015年7月
書店発売日
登録日
2015年7月24日
最終更新日
2016年5月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1801年にブリテン(イギリス)とアイルランドが合同し連合王国が発足して以降、両国の政治、経済、文化の関係は緊密さを増し、人的な交流も盛んになります。本書はその19世紀に連合王国で刊行された旅行ガイドを、数多くの図版や折込み地図など含め復刻するコレクションです。合同から世紀半ばの大飢饉、自治を求める運動が盛んになる世紀後半へと、激しく変化するアイルランドの19世紀が俯瞰できるよう、それぞれの時代の特色ある5種の文献を収録します。

アイルランド史研究としてだけでなく、アイルランド文学研究の背景資料や文化史、近代ツーリズム研究の資料としてご利用いただけます。

目次

Volume 1:
The Travellers Guide through Ireland/ or, a Topographical Description of that Kingdom
Rev. Jo. Robertson
Edinburgh & London: Denham & Dick - Vernon, Hood, and Sharp, 1806, c.350 pp., incl. a fold-out, hand-coloured map.

Volume 2:
The Traveller's New Guide through Ireland
London: Longman, Hurst, Rees, Orme, and Brown, 1815, c. 580 pp. incl. a fold-out map

Volume 3:
A Hand Book for Travellers in Ireland, Descriptive of Its Scenery, Towns, Seats, Antiquities, etc., with Various Statistical Tables…
James Fraser
Dublin: William Curry, 1844, c. 748 pp., incl. a fold-out map

Volume 4:
The Irish Tourist's Illustrated Handbook for Visitors to Ireland in 1852, 2nd ed.
London: Office of the National Illustrated Library, 1852, c.200 pp., incl. 3 fold-out maps

Volume 5:
Black's Tourist's Guide to Ireland, 19th ed.
Edinburgh: Adam & Charles Black, 1886, c. 478 pp. incl. 4 fold-out maps

前書きなど

編者より
勝田俊輔(東京大学文学部)

今回復刻されるアイルランド旅行ガイドコレクションは、さまざまな意味で注目に値する。第一に、これらのガイドは主にブリテン(イギリス)からの旅行者向けに書かれたものだが、物価や移動手段、宿場町の様子、名所旧跡といった旅の実用情報だけでなく、当時のアイルランド社会についての観察記録や図像も含んでいる。有用かつ興味深い歴史史料である。

歴史史料として見ると、本コレクションから最初に読み取ることができるのは、アイルランドの空間的多様性である。これが第二の注目点である。一般に旅行ガイドは地域ごとの相違を強調するが、特にアイルランドの場合、自然条件の違いに加えて、12世紀以来数度に渡ってイングランド/スコットランドによる征服・植民を経験してきたことも大きい。このためブリテン島に近い北・東部と、離れた南・西部とではかなり違った社会が形成されており、さらに19世紀には北部で工業化が進み、地域の違いに拍車がかかることになる。

第三の注目点として、時間的な変化についてもこのコレクションは雄弁であり、19世紀に起こった大きな社会変動を跡づけている。例えば、アイルランドは世紀前半の人口過剰気味の社会から世紀末の人口減少に悩む社会に変わり、田園風景の主役も、麦畑とジャガイモ畑から、牧草地でのんびり草を食む牛や羊に変わる。また特にこのコレクションには、世紀半ばの大飢饉の直前・直後の旅行ガイドが収録されており、大飢饉の衝撃の実像(そして虚像)についても情報を与えてくれる。

第四の注目点をあげると、連合王国の複合的なアイデンティティの問題についても示唆的である。19世紀のイングランドやスコットランドの人間は、同一の国家に属したはずのアイルランド人を同胞として見ることはなく、むしろ、アイルランド人との違いを意識することで自らのアイデンティティを作りだすことさえあった。このような「内なる他者」としてアイルランドを見る傾向が最も強かったのが旅行者であり、この意味でこのコレクションは、19世紀のアイルランドだけでなくブリテンについても何事かを教えてくれる史料となっていると言えよう。

著者プロフィール

勝田俊輔  (カツタシュンスケ)  (編集

東京大学文学部

上記内容は本書刊行時のものです。