版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
世界旅行者大全 第5回配本:中南米、南米 全6巻+別冊解説 The Modern Traveller Part 5: Mexico, Guatimala, Colombia, Peru, Brazil & Buenos Ayres Josiah Conder(編・著) - ユーリカ・プレス
.
詳細画像 0

世界旅行者大全 第5回配本:中南米、南米 全6巻+別冊解説 The Modern Traveller Part 5: Mexico, Guatimala, Colombia, Peru, Brazil & Buenos Ayres

B6判
2170ページ
上製
価格 88,000円+税
ISBN
978-4-902454-71-0
Cコード
C3322
専門 全集・双書 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年9月
書店発売日
登録日
2016年9月29日
最終更新日
2016年12月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●ヴィクトリア朝直前の英国で数年に亘り刊行され、人気を博した「世界旅行ガイド」全30巻を図版、折り込み地図含め完全復刻するシリーズの完結配本。
●この時代の英国にとっての「世界」に関する最大の文献である本書は、鹿鳴館の建築などで著名な建築家の祖父で、同名のジョサイア・コンダーにより編集され、それ以前の多くの空想的外国旅行記とは一線を画し、交通革命を前に、地球が小さくなりなり始めていた時代の読者に、最新の客観的情報 ―各地の地理、歴史、政治状況、文化、風習、そして主要都市や旅行ルートに沿った名所旧跡、景勝地― を詳しく提供し、旅行者にも携帯可能なポケット(十二折)版で刊行された。(今回の復刻では約10%拡大しB6判にて復刻。)
●覇権拡大を始める「大英帝国」が有した「世界」情報とは、また「世界」へ向かう英国人の視線とは、といった帝国研究の資料としての重要性と同時に、19世紀における東西の文化接触など文化史研究、そして近代ツーリズム史研究等々、世界史にかかわる様々な研究に利用できる文献。
●各配本に監修者による詳しい解説(英文および和文)付。

目次

Vol. 25: 『メキシコ①』Mexico 1, c. 382 p.
Vol. 26: 『メキシコ②およびグアテマラ』Mexico 2 & Guatimala, c. 332 p.
Vol. 27: 『コロンビア』Colombia, c. 366 p.
Vol. 28 : 『ペルー』Peru, c. 372 p.
Vol. 29: 『ブラジル①』Brazil 1, c. 358 pp.
Vol. 30: 『ブラジル②およびブエノスアイレス』Brazil 2 & Buenos Ayres, c. 354 p.

前書きなど

....第1回配本の解説にも記した通り、[本シリーズの編者]コンダーは、生涯、イギリスの外に出ることはなく、それにもかかわらずこの30巻に及ぶ『大全』を仕上げた。既存の紀行文や旅行記、地理書を驚嘆すべき知力と好奇心と情熱をもって博捜し、検証を重ね、これをまとめ上げたのである。王立ロンドン地理学会の創設などとも時期を同じくするこうした彼の努力は、決して、その実体験の欠をのみ難じるような安易な批評にはあたらない、確固たる業績であり、地理学および文献学の貴重な成果である。19世紀前半にあって、世界的な規模で、ここまで地理的情報を精査し統一的に収集した類書はない。そして実際、この『大全』は、19世紀前半のイギリスの読者に支持され、広く読まれた。まずはこのことを、現代の読者は銘記すべきであろう。
しかし、その上で、現代の読者は次のことを果敢に試みる必要であろう。すなわち、このきわめて優れた『大全』の成果が、最終的には、第30巻の最後に記されている、[「…スペインによる新世界の支配は終焉を遂げたのである。その呪縛は、今やまったく解き放たれたのだ…」という]ようなコンダーの感懐とでも言うべきものに収斂するものであるならば、私たち自身が自らの依って立つ精神的基盤とは何か、そこに日常的・無意識的にまとわりついている土着性や誇り、安心感とはどのようなものなのか、そして近代文明を手にした人間の優越感がどれほど多くの問題を人間社会そのものにもたらすものであったのか、そういうことを改めて問い直してみるということだ。『大全』は、まさにそれ自体が歴史的事実であり、全30巻の重みは、21世紀社会の国際社会が私たちに問いかける深刻な問題の重みにほかならないのである。 (原田範行著『第5回配本解説』より)

版元から一言

シリーズ全30巻購入時の特価:¥370,000(+税)

第1回配本:『中東諸国編』全6巻+別冊解説
Vol. 1: Palestine / Vol. 2: Syria 1 / Vol. 3: Syria 2 & Asia Minor / Vol. 4: Arabia / Vol. 5: Egypt 1 / Vol. 6: Egypt 2, Nubia & Abyssinia

第2回配本『インド、ビルマ、ペルシャ、中国』全7巻+別冊解説
Vol. 7: India 1 / Vol. 8: India 2 / Vol. 9: India 3 / Vol. 10: India 4 / Vol. 11: Birmah / Vol. 12: Persia 1 / Vol. 13: Persia 2 & China

第3回配本:トルコ、ギリシャ、ロシア、スペイン、ポルトガル 全6巻+別冊解説
Vol. 14: Turkey / Vol. 15: Greece 1 & The Morea / Vol. 16: Greece 2 (The Morea & Hellas) / Vol. 17: Russia / Vol. 18: Spain 1 / Vol. 19: Spain 2 & Portugal

第4回配本:「アフリカ、北米」全5巻+別冊解説
Vol. 20-22: Africa / Vol. 23-24: North America

著者プロフィール

原田範行  (ハラダノリユキ)  (監修・解説

東京女子大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。