版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
月と蛇と縄文人――シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観 大島 直行(著/文) - 寿郎社
.

月と蛇と縄文人――シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観

発行:寿郎社
四六判
縦19mm
277ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-902269-67-3
Cコード
C0020
一般 単行本 歴史総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年1月
書店発売日
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2019年8月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-04-27 読売新聞

重版情報

7刷 出来予定日: 2019-07-10
大阪の「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産となり、古代史ブームに拍車が。文化への関心はますますいます。

紹介

土器や土偶が奇妙奇天烈に見えるのは、"彼ら"の造形技術が拙いからではなく、人類の根源的な思考方法で表現されているからだ-北海道考古学会会長が心理学や文化人類学・宗教学などを駆使して縄文人の"こころ"に迫る!

目次

第1章 縄文人のものの考え方
第2章 縄文人のものづくり原理(縄文土器は本当に鍋か
土偶のワキはなぜ甘い ほか)
第3章 縄文人の大地のデザイン原理(死者はなぜ穴に埋めるのか
竪穴住居になぜ住むのか ほか)
第4章 縄文人の神話的世界観(縄文人の世界観
月のシンボリズムの行方 ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。