版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
イル・プルーのパウンドケーキ おいしさ変幻自在 弓田 亨(著) - イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ企画
.
嘘と迷信のないフランス菓子教室

イル・プルーのパウンドケーキ おいしさ変幻自在 一人で学べる

AB判
120ページ
並製
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-901490-20-7
Cコード
C2077
実用 単行本 家事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年10月
書店発売日
登録日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

5刷 出来予定日: 2018-02-20

紹介

杏、いちじく、百花蜜…、代官山『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』の歴史を彩ってきた数々のパウンドケーキが1冊の本になりました。しっとりだったりほろっとくずれたり、様々なおいしさのパウンドに、貴方の持っているイメージは一新されることでしょう。そんな驚きのおいしさを自らの手で作れる幸せを感じて、味わってください。

目次

目次

ごあいさつ 2

パウンドケーキって? 6
器具 8
技術 10
材料 13

別立て法で作るパウンドケーキ 16

基本のレシピ1
オレンジのパウンドケーキ 18
くるみとレーズンのパウンドケーキ 24
マーブルのパウンドケーキ 28
柚子のパウンドケーキ 32
マンゴーのパウンドケーキ 36
ジャンドゥージャのパウンドケーキ 40
くるみのパウンドケーキ 44
ココナッツのパウンドケーキ 48

共立て法で作るパウンドケーキ 52

基本のレシピ2
百花蜜のパウンドケーキ 54
ナッツのパウンドケーキ 58
レモンのパウンドケーキ 62
プルーンのパウンドケーキ 66
りんごとキャラメルのパウンドケーキ 70
栗のパウンドケーキ 74
チーズのパウンドケーキ 78
いちじくのパウンドケーキ 82
杏のパウンドケーキ 86
洋梨のパウンドケーキ 90
フルーツケーキ 94
アンゼリカのパウンドケーキ 98
フランス伝統のパウンドケーキ 102
基本のレシピ3
キャトル・キャール 104
杏のキャトル・キャール 107

よく使う材料の作り方 109
イル・プルーのパウンドケーキQ&A 110
おすすめ材料一覧 112
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのご案内 115

著者プロフィール

弓田 亨  (ユミタ トオル)  (

1970年、大学卒業後、熊本市にあるお菓子屋『反後屋』に入り、東京『ブールミッシュ』工場長を経て1978年に渡仏、名店『パティスリー・ミエ』で研修。それまで自分が日本でつくっていたお菓子とのあまりにも大きな違いにうちのめされる。しかしここでその後常に大きな示唆を与え続ける生涯の友となるドゥニ・リュッフェルと出会う。翌年帰国。青山『フランセ』、自由が丘『フレンチ・パウンド・ハウス』工場長を務め、1983年再び渡仏し、『パティスリー・ミエ』で1年間研修。帰国後、1985年に日本とフランスにおける素材と技術の違いについて著した『パティスリー・フランセーズそのイマジナスィオンⅠ』を出版。さらに1986年に、パリ修業時代に好きだった雨のセーヌ河岸から名前を取り、『ラ・パティスリー イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』を東京・代々木上原に開店。1994年に代官山に移転。「本当のオリジナリティーは先達の完璧な模倣の上にしか築き得ない。未来への方向性をもった真実に触れた者だけが、自己のオリジナルな空間を持つことができる」と語る。この20年間で自信をもって生み出してきたオリジナル菓子は100点以上にのぼる。自らの心の中から生まれた感情や記憶をお菓子として表現。そのイマジナシオン豊かなお菓子に魅了されるファンはあとをたたない。現在も、教室の運営や全国での技術講習会、海外での素材探しなど、本当のフランス菓子のおいしさを追究している。

椎名 眞知子  (シイナ マチコ)  (

1987年、フランス国立高等製菓学校で研修。その後『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』フランス菓子教室に通い、1995年から教室スタッフに加わる。翌年渡仏し、パリの『パティスリー・ミエ』、『レストラン レ・ジョルジック』他で研修。1998年『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日)にレギュラー出演。現在、『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』フランス菓子・料理教室主任を務め、多くの生徒の方々にできるだけやさしくできる、本物のおいしさを伝え続けている。

上記内容は本書刊行時のものです。