版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
シンプリー・グッドニュース N.T.ライト(著) - あめんどう
.
詳細画像 0

シンプリー・グッドニュース なぜ福音は「良い知らせ」なのか
原書: Simply Good News

発行:あめんどう
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ18mm
296ページ
並製
価格 2,300円+税
ISBN
978-4-900677-37-1
Cコード
C0016
一般 単行本 キリスト教
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年2月25日
書店発売日
登録日
2019年12月27日
最終更新日
2020年8月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

キリスト教のメッセージは、イエスを信じれば、死んだ後に地獄から救われ天国に行けることだと、多くの人が考えてきた。しかし、もしそれが聖書の真の教えでないとすれば? イエスの伝えた「グッドニュース」は、死後のことだけでなく、もっとスケールの大きな、もっと素晴らしいことが起こるものだとしたら? N.T.ライトは本書で、福音とは何かを捉え直し、それが私たちの将来だけでなく、現在の生き方をも大きく変えることを明らかにする。

目次

1 何についての知らせか?
2 愚かな知らせ、恥ずべき知らせ、それとも良い知らせ?
3 王なるイエスについての驚くべき知らせ
4 歪められた福音、競合する「福音」
5 天国再考
6 間違った未来、間違った現在
7 神についての驚くべき知らせ
8 良い知らせを祈る

前書きなど

キリスト教信仰は、その最初期の形において、「良い知らせ」(福音)、グッドニュースとして提示されました。これこそ、「ゴスペル(gospel)」という古い英語の本来の意味です。
私が主張したいのは、キリスト教信仰を「良い」「知らせ」として捉えるということ自体、皮肉なことに、今日の人々にとっては耳新しい知らせだ、ということなのです。
「良い知らせ」は良い「アドバイス」へと微妙にすりかえられてしまっています。彼らは言います。「これが生きる方法だ」。「これが祈る方法だ」。「よりよいクリスチャン、よりよい人間、よりよい妻や夫になるためのテクニックだ」。
とりわけよく見聞きするのは、「これが死後に備えて正しく歩む方法だ」というものです。「このアドバイスを受け入れたまえ」。「この祈りを祈れば、あなたは救われる。地獄に行かずにすむ。天国に行ける。そのためには、こうすればいい」と。
アドバイスの本質とは、何らかの行為をさせて、望みの結果を得ることです。もちろん、それが良くないということではありません。私たちは皆、それを必要としています。しかし、それは知らせとは別物です。
知らせとは、何か重大なことが起こったという告知です。そして、イエスと、最初に彼に従った人々が伝えたのは、その良い知らせにほかならなかったのです。(本書1章より)

版元から一言

死海写本の発見によって新約聖書が書かれた当時のことが細かくわかってきた。初期のキリスト教信仰はどういうものだったのか? 著者N.T.ライトは、ヨーロッパを経ることで失われたり、変質したキリスト教信仰の復元をはかり、新約聖書が書かれた当時のダイナミックな福音とは何かを本書で掘り起こそうとする。恐るべき博識、ユーモア、現代性を兼ね備えて、今日のキリスト教世界に大きな影響を与えている英国の神学者。その著者による一般向けに書かれた21世紀のキリスト教入門書。

著者プロフィール

N.T.ライト  (エヌ ティー ライト)  (

セント・アンドリュース大学神学部新約学、初期キリスト教学教授。
オックスフォード大学ウィクリフホール上席研究員。前ダラム主教。
ケンブリッジ大学、マギル大学等で教える。80以上の著書、論文があり、世界各地で講演。各種メディアによる発信も多い。
著書 Christian Origins and the Question of God シリーズ他。
邦訳『クリスチャンであるとは』『シンプリー・ジーザス』『驚くべき希望』(あめんどう)
他に『新約聖書と神の民』〈上・下〉(新教出版社)『コロサイ人への手紙、ピレモンへの手紙』『使徒パウロは何を語ったのか』『イエスの挑戦』(いのちのことば社)『悪と神の正義』(教文館)

上記内容は本書刊行時のものです。