版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと 幼児教室ひまわり(編集) - 啓文社書房
.
詳細画像 0

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|八木
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784899920755

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:啓文社書房
四六判
232ページ
価格 1,364円+税
ISBN
978-4-89992-075-5   COPY
ISBN 13
9784899920755   COPY
ISBN 10h
4-89992-075-X   COPY
ISBN 10
489992075X   COPY
出版者記号
89992   COPY
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年3月23日
最終更新日
2021年8月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-08-02
MORE
LESS

紹介

ー医者になりたいという夢がかなった!
ー東大に主席合格!
ー算数オリンピックで金メダル!

最強の実績を持つ講師陣が教える
我が子の能力を最大限に引き出す教育法


4人全員の子どもを東大理Ⅲに合格させた
あのベストセラー著者・佐藤亮子ママも推薦!!
『子どもの夢を叶える子育てをしましょう!』


~本書の主な内容~ 
◆知育玩具を選ぶときに知っておくべきこと◆習い事を決めるときに知っておくべきこと
◆自己肯定感を持たせるために知っておくべきこと◆子どもを叱る時に知っておくべきこと など

目次

◆1.知育玩具を選ぶときに知っておくべきこと
知育玩具で想像力を豊かにする ①

●子どもの頭を良くするおもちゃや知育玩具
おもちゃや知育玩具は、子供が小さい頃の教育としてとても大事なものです。賢い子に育てるためのおもちゃや知育玩具はどのようなものか?
どのように選び、子供に与えていけば良いか?

・知育玩具で想像力を豊かにする
・粘土や積み木使って、指、手足を使わせる
・大量に与えるのがポイント 部屋の3分の1を玩具で埋め尽くす
・算数の土台もできる
・課題を与えて、何かを作らせる
・身の回りのすべてが知育玩具 身近な日常品も有効 鍋、おたま、石ころ
・脳を鍛えるチャンスはいつもある
・プレッシャーをかけない。一緒に遊ぶことが大切

◆2.習い事を決めるときに知っておくべきこと
●習い事に取り組ませる際の工夫と注意点 ②
難関校に合格した子や、医者になった人たちというのは、子供の頃に習い事をしていた人が多い。では、いつ頃から、どのような習い事をすれば良いのか?親はどのように取り組んでいけばいいのか?
・なぜ習い事に取り組ませるのか?
・最初から適性を決めない。まずはやらせてみて選ぶ
・習い事はゴールを決める 
・フェードアウトするのでなく目標達成させる
・中学受験を見据えて 
・将来に向けて、体力と集中力がつくもの
・両方の手を使わせる
・子どもは褒めることで伸びる

◆3.自己肯定感を持たせるために知っておくべきこと
●子どもが自分の能力を信じるために親がすべきこと
子どもをほめる際の工夫と注意点
経過、過程に対してほめる
子どもが目標を持ち、その目標を達成するための行動をしていくためには、子ども自身が自分の能力を心から信じていく必要があります。そのためにも、子どもの一番近くにいる親は、子どもに対してどのような働きかけをすると良いのか?

親に褒められることは、子どもの成長にとって大きな影響を与える。そのため、子どものマインド面を培うためには、親が褒めることはとても重要。では、子どもを褒める際には、どのような工夫をすればいいのか?

■自己肯定感を身につけさせる
・できるだけ多くの成功体験をさせる
・マイナス思考の言葉を使わない
・できない理由を探すのではなく、どうしたらできるか
・プロセスをしっかり見てあげる

■ほめるときの工夫
・幼児期は何でもほめる
・頑張った事実をほめまくる
・わかりやすくほめる
・感謝の気持ちを伝える
・抱きしめてほめる
・親のリアクションも大事

◆4.子どもを叱る時に知っておくべきこと
●賢い子に育てるために親が意識すべき言葉使い
子どもを伸ばす親の上手な叱り方

子どもは親の言葉をよく聞いている。そのため、親の言葉は子どもの成長に大きく影響を与える。親は子ども対して、どのような言葉を選んで口にすべきなのか?

子育ての中で、子どもに対して「叱る」ときは必ず出てきます。子どもの自己肯定感を保ちながら、効果的に叱るためにはどうすればいいか?
どのような時に叱ればいいのか?

■親が意識するべき言葉使い
・親の愛情を常に伝える 言葉と態度で伝える

■子どものしかり方
・叱るときには子どもの状態を客観的に見る

■良い教材や問題集
・両親が一番の教師
・子どもは親を真似して育つ
・体験が一番の教材 五感で感じさせる

◆5.自主性を身につけさせるために知っておくべきこと
■自分から勉強する子どもに育てるための親の働きかけ
・自分から進んで何かをする子どもにするために
・自分で人生を切り開く大人にするために
・受験を勝ち抜くには、自分で勉強することが必須
・勉強は楽しいと実感させるには?
・親も勉強に対して取り組んでいる姿を見せる

■自分から夢を抱く子どもにするために
・子どもが自ら「医者になりたい」と思うために
・子どもの野心を育てる
・医者の仕事を分解する
・医者になるための底力をつけさせる
・親の知識も大事

■自主的に勉強させるには
・親に自信がないと子どもはついてこない
・なぜ勉強するのかを親子で考えてみる
・知識を身につけるだけでは説得できない
・知識を使うことの大切さ
・知識がないと思考に繋がらない
・社会に出た時の予行演習

■好きなことをさせる
・親が望むこととのギャップ
・興味を持たせたらとことん深める
・焦らなくても大丈夫 勉強とセットで好きなことをさせる

◆6.子どもが挫折しそうになった時に
知っておくべきこと

中学受験までは、子供の学習計画を立てるのは親の仕事。子どもの学習計画を立てる上で、注意すべき点や工夫する点はどのようなことがあるのか?
共感・過去の成功体験・親が動揺しない)→過去の達成感があれば、挫折しても大丈夫。
何か問題にぶち当たった時、子どもはまだまだ経験が浅いため、心が折れて挫折してしまうことがある。挫折を防ぐためには、そばで親が励ましてあげることが必要。親は子どもをどのように励ましてあげればいいのか?

■学習計画の大切さ

・子どものモチベーションにフォーカスした計画の立て方
・※糖尿病患者の例
・達成感を積みかさねる 子どもは達成感がないと継続できない
・スケジュールは少ない量から組み立てる
・先取学習で自信をつけさせる
・ウオーミングアップをするとハードルが下がる

■子どもが挫折しそうになった時の対処方法
・難しい目標にぶつかった時の対処法
・共感して励ます
・過去の成功体験を呼び戻して自信を回復させる
・目標は先にあることを認知させる
・決して動揺しない

◆7.成長段階で知っておくべきこと 
幼稚園までと小学校までの子育ての違い
小学校と中学校以降の子育ての違い

子どもの成長に合わせて、親の接し方も変わってくる。幼稚園までの子育てと、小学校からの子育てにはどのような違いがあるのか? 
中学校以降の子育てにはどのような違いがあるのか?
親はどのようなことを意識すべきなのか?

■成長段階での子育て 子育てのステージ
・成長段階ごとに変えていくこと
・幼稚園では社会性を身につける 協調性、自主性、忍耐
・自信を持たせる
・小学校以降は社会に出るための規律
・原因と結果を意識させる 自分自身で考査する能力
・中学  親が手を引くことを明確にする
・子どもの異性問題

◆8.賢く育てるために知っておくべきこと 

●子どもを賢く育てるための日常生活での意識
「子どもに考えさせる」,「想像させる」、「創造させる」、「表現させる」。
「オープンクエスチョン」
子どもの頭を良くするためには、一時的に何かをするするのではなく、普段から継続的に意識すべきことがあると思います。
賢い子どもに育てるためには、常日頃からどんなポイントを意識すればいいのか?

■子どもが賢くなる日常生活での意識
・考えさせる、想像させる、創造させる、表現させる
・アウトプットさせることで自分で考え、成長につながる
・アウトプットの手段
・会話が大切 質問は脳を働かせる


◆あとがき

■子どもの学習環境
・勉強する雰囲気作りが一番大切
・親が一緒にいて見守る環境
・勉強は楽しいと親自身が思う
・親が見本になって一緒に勉強する環境

著者プロフィール

幼児教室ひまわり  (編集

塾長・熊野貴文
1978年兵庫県神戸市生まれ。
灘中・灘高卒、大阪大学医学部現役合格、同校卒。
2歳の頃から数々の幼児教育を受け、進学塾へ通うための準備を始める。
2歳~5歳の間は、自宅での勉強に没頭し、小学校に入るまでの基礎知識を身につける。6歳になる頃には因数分解(公立中学3年で習う内容)が出来るようになったり、自分の名前や、親戚一同の名前を漢字で書けるようになる。
小学3年生から進学塾へ通うようになり、この頃から「医者」という目標が明確になる。小学校4年生から灘中学への入学を意識し、効率の良い勉強法を身につけ、模擬試験では全国1位の成績を収める。小学校6年時代には、その勉強方法が話題を集め、NHKやフジテレビなどの特集に出演する。
灘中・灘高時代は「医者になりたい」という志をもった仲間と共に、医学部合格を目指して日々の勉強に取り組む。周囲の環境の影響もあって、高2の冬の時点で、東京大学A判定を取得する。その後、順調に成績がアップし、高3の夏の時点で大阪大学医学部A判定を取得し、万全の体制で大学受験に挑む。
1997年、大阪大学医学部に現役で合格。医学部時代、教育に深い興味を抱き、家庭教師センターの統括マネージャーとして累計1100人以上の教育指導に携わる。その時期に、幼児教育の重要性を再認識し、幼児教育について見識を深める。
2003年、大阪大学医学部卒業後、医師として、大阪大学付属病院(阪大病院)や市中病院など数々の病院で勤務医として医療に携わる。
その後、「自分が両親から授けて頂いた本当の教育方法」を世に広めることに対して使命を感じ、現在幼児教室ひまわりの運営を行っている。

上記内容は本書刊行時のものです。