版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~ 坂東忠信(著/文) - 啓文社書房
.

亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~

発行:啓文社書房
四六判
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-89992-057-1
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年12月27日
書店発売日
登録日
2018年10月26日
最終更新日
2018年12月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

これは安倍政権最大の失政だ!

 日本は国際的な基準に基づくと、既に世界第4位の移民国家。
 にもかかわらず、インバウンド政策も社会福祉政策も、法律は抜け穴だらけで不正は横行、でもそのツケを払うのは日本人――
 入管法改正による外国人労働者の受け入れ拡大で、日本は取り返しのつかない第1歩を踏み出そうとしている。
 本当にこのまま、受け入れ拡大を進めていいのか!?
 元警視庁刑事通訳捜査官がタブーに斬り込む!

外国人増加の原因は日本人にもある
入管法改正で移民国家化は加速する
無策なインバウンドで治安と安全が崩壊する
民泊は不法滞在の温床になる
国民健康保険の悪用は止まらず
技能実習生制度で暗躍するブローカー
国際貢献とかけ離れた「不法行為」の温床
外国人による労働争議が増えるetc…

目次

第1章 日本は既に「移民国家」
第2章 安易なインバウンドで治安と安全が崩壊する
第3章 日本の社会福祉がタダ乗りされる
第4章 外国人労働者受け入れ拡大という亡国システム

前書きなど

以下、はじめに、より)
第1章でドキッとし、第2章でむかついて、第3章でブチ切れ、第4章で一歩先に
希望が見えますが、読み終えてこの本を閉じたとき、目を上げて見る日本の現実は絶
望的です。その絶望に負けない、飲み込まれないための、日本の現実直視と理想実現
化の新しいページを開いてください。確実なことは、もう二度と過去には戻れず、今
は懐かしい昔となり、人類が進化と滅亡をめざしながら突き進んでいく社会の中で、
私たち自身の意識も変わっていくということです。そして読んだあとは、あなた自身
も変わっているかもしれません。

版元から一言

外国人労働者受け入れ拡大で、日本は取り返しのつかない1歩を踏み始めた・・・
警視庁元刑事・通訳捜査官として長く外国人犯罪に携わった著者が、危機感とともに書き下ろした渾身の一冊!
政府の対応を含め、これからの日本を〈今こそ考えるための本〉である。

著者プロフィール

坂東忠信  (バンドウタダノブ)  (著/文

1967年 宮城県出身。昭和61年より警視庁に奉職、機動隊員、刑事、北京 語通訳捜査官を歴任。
平成15年警視庁を退職。退職後も通訳捜査官として 活躍の後、作家、言論界へデビュー。
地上波テレビ局・ラジオ・ネットテレ ビ等でも活躍中。経験を生かした日本の抱える危機を伝える。
一般社団法人 全国防犯啓蒙推進機構理事。坂東学校校長。ブログ「太陽にほえたい」(https:// ameblo.jp/japangard/)。趣味は骨董品、鎧製作、絵画など。
著書に『在日特権と犯罪』『寄生難民』『静かなる日本戦区』『通訳捜査官』他 多数。

上記内容は本書刊行時のものです。