版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
蓬莱の海へ 青山惠昭(著/文) - ボーダーインク
..

書店員向け情報

蓬莱の海へ 台湾二・二八事件 失踪した父と家族の軌跡

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横127mm 厚さ22mm
重さ 308g
304ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-89982-414-5   COPY
ISBN 13
9784899824145   COPY
ISBN 10h
4-89982-414-9   COPY
ISBN 10
4899824149   COPY
出版者記号
89982   COPY
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月
書店発売日
登録日
2021年9月20日
最終更新日
2021年9月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

父・青山惠昭は。戦後台湾最大のタブー「二・二八事件」に巻き込まれた犠牲者だった。
そのことがわかったのは四五年後だったー。
歴史の波に翻弄された家族の記憶と、外国人で初めて「台湾二・二八事件」犠牲者として認定補償が認められるまでの記録。沖縄から問い直す、台湾、日本の知られざる現代史。

目次

はじめに 父は「台湾二・二八事件」の被害者だった 

第一部 台湾二・二八事件と漂流家族   
 第一章 事件発生と父の失踪 
 第二章 与論島生まれ 
 第三章 基隆社寮島物語 
【コラム】佐藤春夫の「社寮島旅情記」 
 第四章 彷徨の海 
  【コラム】沖縄復帰祈願海上大会 

第二部 失踪宣告と逆転勝訴  
 第五章 失踪宣告 
 第六章 台湾の島を歩く 
 第七章 法廷へ 
 第八章 逆転勝訴 
 第九章 認定賠償を実現して 
  【コラム】西村京太郎、二・二八事件を書く 

第三部 台湾と沖縄の未来へ  
  第十章 沖縄関係被害者 
  第十一章 台湾人船主の「證文」  
  第十二章 歴史を記憶すること 
  第十三章 沖縄と台湾、そして日本 

  

著者プロフィール

青山惠昭  (アオヤマケイシヨウ)  (著/文

1943年台湾基隆市社寮島生れ。1946年12月長崎県佐世保へ引揚げ、鹿児島市に2年余り滞留。1947年2月~3月父惠先台湾2・28事件に遭遇失踪。1949年母の実家のある沖縄国頭村へ移住、高卒(辺土名高校)まで育つ。1964年琉球大学入学(1968年退学)。代用教員、琉球立法院勤務(1968年11月~1972年5月)。復帰後、美術デザイン社共同経営。以来、フリーデザイナーとして印刷、旅行業に関わる傍ら創作活動、美術教室主宰、平和美術展、グループ展、個展等々で作品発表。
現在:㈶台湾協会、沖縄台湾会、日中友好協会、沖縄平和ネット等々会員、台湾2・28事件真実を求める沖縄の会代表。元沖縄県平和祈念資料館運営委員(2013年~2019年)。

上記内容は本書刊行時のものです。