版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
IPOをめざす起業のしかた・経営のポイント いちばん最初に読む本 寺島 有紀(著/文) - アニモ出版
..

IPOをめざす起業のしかた・経営のポイント いちばん最初に読む本

発行:アニモ出版
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ16mm
重さ 335g
200ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784897952413
Cコード
C2034
実用 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月15日
書店発売日
登録日
2020年7月18日
最終更新日
2020年9月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 旧商法から会社法が独立制定されて、会社をつくる要件や手続きが簡素化されてから会社設立の件数は年々増えており、2017年度には13万2,000社が新たに生まれ(その約8割が株式会社)、その後も増え続けています。特に、ここ数年は、IT系を中心とした「ベンチャー企業」の誕生が盛んで、若く勢いがあり、成長性も高く、将来的には、IPO(株式上場)をめざす会社が多いのもベンチャー企業の特徴です。
 IPOを狙うメリットは、まず何よりも上場することにより資金調達が円滑化・多様化できること、そして知名度と社会的信用力の向上によりさらなる飛躍が期待できることです。しかしIPOを実現するためには厳しい審査があり、特に経理・財務体制と労務コンプライアンス体制の構築は不可欠です。
 本書は、書店にあふれる単なる会社設立の手続きを内容としたものではなく、上場をめざす“積極的な起業”を応援する本。会社設立の基礎知識はもちろんのこと、これまでの会社設立本にはない経営のポイントを初心者にもわかりやすく解説した実践的・具体的ですぐに役立つ設立ガイド本です!

上記内容は本書刊行時のものです。