版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人新世の開発原論・農学原論 北野 収(編著) - 農林統計出版
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|全官報|東官報
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784897324630

人新世の開発原論・農学原論 内発的発展とアグロエコロジー

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
272ページ
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-89732-463-0   COPY
ISBN 13
9784897324630   COPY
ISBN 10h
4-89732-463-7   COPY
ISBN 10
4897324637   COPY
出版者記号
89732   COPY
Cコード
C3036  
3:専門 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年6月
書店発売日
登録日
2022年5月24日
最終更新日
2022年6月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人新世を生き続けるための二つの原論

人間の生存基盤という視点からの「農学原論」、「世直し」の主体としての人間の主体形 成論による「開発原論」、この二つの原論を北米、フランス、ネパール、モザンビーク、タンザニアなどでの経験をふまえ追及する!政策実践や運動論としての内発的発展論とは距離をおき、「土と人間」の視点から吟味する。

目次

序 章 二十一世紀の開発原論・農学原論について語れば
  1 編者のなかにあり続けた問題意識
  2 三十年前、一九九〇年代に考えていたこと
  3 二〇二〇年代の今、考えていること
  4 チヅ子先生のこと
  5 原論としての開発、原論としての農学を思い出すために
  6 本書のアグロエコロジー観
  7 補足:内発的発展における中間領域と市民・民衆
  8 最後に

第Ⅰ部 あの国、あの人たちは「遅れている」のか
 第一章 モザンビーク農民の生活世界にみる性・生計・裁判
  1 はじめに
  2 調査地概要
  3 能動的な性
  4 リマオの住民の経済的多面性
  5 裁判所にみる「伝統」と「近代」の混在
  6 おわりに
 第二章 ネパールの歴史都市とキー・パースンにみる内発的発展論
    -カトマンズ盆地でのフィールドワークから-
  1 はじめに
  2 外側からの開発
  3 カトマンズ盆地とネパールの歴史都市
  4 都市と人々にみる内発的発展の諸事例
  5 内発的発展の要件との照合とその考察
  6 むすび 
   
第Ⅱ部 農業・市場・社会  
 第三章 貧困軽減と食料安全保障の手段としての有機農業
    -タンザニア・モロゴロ州での農家調査から-
  1 はじめに
  2 調査・解析手法
  3 結果と考察
  4 まとめ
 第四章 日本の有機農業における贈与と脱商品化
  1 はじめに
  2 金子美登の事例
  3 相原農場の事例
  4 欲求の重要性について
  5 むすび
 コラム フランスのアグロエコロジーと有機農業
  1 フランスにおける近年の有機農業の発展
  2 成長戦略としてのアグロエコロジー
  3 社会運動としてのアグロエコロジー
  4 地域食料プロジェクトPAT
  5 成長を越えて 
第五章 農業と社会をつなぐ包摂の場-イタリアの社会的農業-
  1 はじめに
  2 社会的弱者を包摂する農業
  3 ヨーロッパとイタリアの社会的農業
  4 イタリアにおける社会的農業国法の成立
  5 社会的農業に至る二つのルート
  6 社会的農業組合
  7 社会的農業の実践者像
  8 むすび:マウロ・ガレヴィとは誰だったか   

第Ⅲ部 内発的発展と食料主権
 第六章 CSAの実践による越境する持続可能な社会形成
     -イギリスとカナダの現地訪問から-
  1 はじめに
  2 英国におけるCOVID-19下のCSA訪問でみたこと、教えられたこと
  3 過去のCSAおよび関連活動調査から考えたこと
  4 CSAの実際から何が学べるか
 第七章 「本当の幸せ」のための開発と発展を求めて
     -タンザニア地域社会の主体性回復と内発的発展の試み-
  1 はじめに
  2 途上国への開発協力にみる近代化の功罪
  3 タンザニアで試みてきたこと-地域社会の主体性の回復と内発的発展-
  4 水俣、大分からの学び
  5 日本人は大丈夫か
    -人々の本当の幸せを実現するための「開発」と「発展」を求めて
 第八章 時空を超えて越境する小さな農的連帯
     -CSAとフェアトレードのパイオニアたち-
  1 はじめに
  2 トーマス・ライソンと『シビック・アグリカルチャー』
  3 世界初のCSA、東京都世田谷区・大平農園と大平博四
  4 農民教育と国際協力の父、中田正一
  5 越境する協同組合運動とフェアトレード
  6 むすび
   
終 章 人新世に再考する開発原論・農学原論
    -内発的発展論と生命誌論を参考軸として-
  1 改めて開発をめぐる世界の動向を見直す
  2 内発的発展論を振り返る
  3 農学原論・農本主義を振り返る
  4 国際的に注目されるアグロエコロジーとその課題
  5 内発的発展論と近代科学を結ぶ生命誌論
  6 内発的発展論を組み込んだ新しい農学原論・開発原論の可能性
  7 二〇五〇年に向けて考えていくこと

著者プロフィール

北野 収  (キタノ シュウ)  (編著

獨協大学大学院外国語学研究科教授

西川 芳昭  (ニシカワ ヨシアキ)  (編著

龍谷大学大学院経済学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。