版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
帝国日本の気象観測ネットワーク Ⅲ 山本 晴彦(著/文) - 農林統計出版
.

帝国日本の気象観測ネットワーク Ⅲ 水路部・海軍気象部

A5判
598ページ
並製
価格 5,800円+税
ISBN
978-4-89732-360-2
Cコード
C3040
専門 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年1月
書店発売日
登録日
2017年1月13日
最終更新日
2017年3月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

海軍水路部は、東京気象台(現・中央気象台)に先駆け、明治6年から気象観測を始めた。水路部、海岸警備の海軍望楼、鎮守府、そして海軍航空隊と独自に展開された気象観測活動の全貌を、豊富な史料から明らかにする。

目次

序章 課題と方法
第1章 水路部の創設と気象観測の実施
第2章 鎮守府における気象観測
第3章 海軍航空隊における気象業務
第4章 海軍における気象要員の養成
第5章 水路部における気象業務の拡充
第6章 気象観測所の開設と展開
第7章 海軍気象部の特設,独立と終焉
第8章 特設気象隊の創設と展開
第9章 水路部修技所と海軍気象学校の設立と展開
第10章 海軍の気象資料
第11章 終戦時の気象業務
終章

著者プロフィール

山本 晴彦  (ヤマモト ハルヒコ)  (著/文

1957年京都市生まれ。山口大学農学部卒。
農林水産省九州農業試験場を経て、1994年から山口大学農学部助手。
1995年同大学助教授、2002年から教授。
現在、山口大学大学院創成科学研究科教授。

上記内容は本書刊行時のものです。