版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
農村景観のパタン・ランゲージ 岩田 俊二(著) - 農林統計出版
.

農村景観のパタン・ランゲージ 伊賀市での景観基準づくり研究

B5判
122ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-89732-356-5
Cコード
C3036
専門 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年11月
書店発売日
登録日
2016年10月24日
最終更新日
2016年11月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

農村地域の景観の特徴はどのようなもので、それを維持・形成するにはどのような方策があるのか。本書は、環境設計のデザインツールである「パタン・ランゲージ」手法を援用して、地域の住民が景観の評価とその維持・形成のあり方を自らが考えるようにした。

目次

1 研究目的
2 研究方法
  (1)対象地域
  (2)研究方法
3 研究結果
  (1)景観構成要素
  (2)景観アンケート
  (3)パタン・ランゲージによる景観形成基準の検討

資料1 種生地区住民(全員)景観評価
資料2 比自岐地区住民(全員)景観評価
資料3 古山地区住民(全員)景観評価
資料4 パタン・ランゲージによる景観形成基準の検討―種生地区
資料5 パタン・ランゲージによる景観形成基準の検討―比自岐地区
資料6 パタン・ランゲージによる景観形成基準の検討―古山地区
付1 実効性のある景観政策の検討
   ―四日市市および伊賀市の景観条例と景観法を比較して―
付2 農村景観についての多様な認識
   ―三重県伊賀市調査から―

著者プロフィール

岩田 俊二  (イワタ シュンジ)  (

1949年 東京都文京区本郷生まれ
1971年 工学院大学建築学科卒
1973年 工学院大学大学院建築学専攻修士課程修了
1992年 博士(工学)工学院大学大学院
津市立三重短期大学名誉教授
NPO法人弱者のための暮らし・まちづくり支援センター副理事長

上記内容は本書刊行時のものです。