版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
風水害と観光客の増大による世界遺産の劣化と保全 山本 晴彦(編著) - 農林統計出版
.

風水害と観光客の増大による世界遺産の劣化と保全 紀伊山地の霊場と参詣道を事例に

A5判
262ページ
並製
価格 5,000円+税
ISBN
978-4-89732-340-4
Cコード
C3040
専門 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年2月
書店発売日
登録日
2016年2月13日
最終更新日
2016年3月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

世界遺産の価値が自然的・人為的要因によって脅威にさらされることもある。本書は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を対象に、台風・豪雨による影響や増大する観光客によりもたらされる影響を現地調査により浮き彫りにする。

目次

序章 
第1章 世界遺産とその現状
第2章 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」
第3章 紀伊半島の地形的特徴と森林被害
第4章 1998年台風7号の気象的特徴と森林被害
第5章 2009年台風18号の気象的特徴と熊野参詣道の被害
第6章 世界遺産「熊野参詣道」における石畳コケ類植生の診断
第7章 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」における観光客の動態
第8章 語り部へのアンケートおよびヒアリング調査
第9章 2011年台風12号による豪雨の特徴と洪水・土砂災害の概要
第10章 洪水災害による気象・推移観測所の被害
第11章 地理情報システム(GIS)・人工衛星リモートセンシング技術を活用した風水害診断
第12章 熊野気象観測施設の設置と運用
第13章 世界遺産の保全と刊行の両立を目指して
終章 

著者プロフィール

山本 晴彦  (ヤマモト ハルヒコ)  (編著

1957年京都市生まれ。
山口大学農学部卒。
農林水産省九州農業試験場を経て、1994年から山口大学農学部助手。
1995年山口大学助教授。
2002年山口大学教授、現在に至る。

上記内容は本書刊行時のものです。