版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
新 伴侶動物治療指針 2 石田 卓夫(監修) - 緑書房
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

新 伴侶動物治療指針 2 (シンハンリョドウブツチリョウシシンニ)

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:緑書房
A4判
縦297mm 横210mm
308ページ
定価 16,000円+税
ISBN
978-4-89531-896-9   COPY
ISBN 13
9784895318969   COPY
ISBN 10h
4-89531-896-6   COPY
ISBN 10
4895318966   COPY
出版者記号
89531   COPY
Cコード
C3047  
3:専門 0:単行本 47:医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年9月
書店発売日
登録日
2023年9月1日
最終更新日
2023年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

臨床現場ですぐに役立つ治療ガイドラインと、重要疾患の詳しい治療法をお届けする大好評シリーズ第2弾!

「伴侶動物治療指針」および「新 伴侶動物治療指針1」では取り上げていないトピックを掲載し、全編書き下ろし! 日本の動物医療現場における最新の知見・治療法を提供するというコンセプトはそのままに、新シリーズでは特定の分野・疾患にフォーカスして、さらに深堀り。新シリーズ第2弾となる本書では、消化器の重要疾患として「犬の慢性腸症」と「猫の三臓器炎」を取り上げる。その他にも「犬の肺高血圧症」「犬と猫の疼痛管理アップデート」など、最先端のトピックを幅広く紹介。

【本書のポイント】
●『伴侶動物治療指針 Vol.1~12』の掲載内容を再編集したものではなく、完全書き下ろしの新シリーズの第2弾。
●巻頭の「重要疾患の治療法」パートでは、消化器の重要疾患として「犬の慢性腸症」、「猫の三臓器炎」を取り上げ、大ボリュームで徹底解説。
●「臓器・疾患別 最新の治療ガイドライン」パートでは、前シリーズ同様に各分野のエキスパートが最新のトピックやコンセンサス・ガイドラインについてオムニバス形式で解説。

目次

【消化器の重要疾患】
監修:大田 寛(酪農学園大学)

[犬の慢性腸症]
総論
大田 寛(酪農学園大学)

食事反応性腸症
永田 矩之(岐阜大学)

抗菌薬反応性腸症
五十嵐 寛高(麻布大学)

免疫抑制剤反応性腸症
大森 啓太郎(東京農工大学)

非反応性腸症
中川 泰輔(東京大学附属動物医療センター)


[猫の三臓器炎]
総論
大田 寛(酪農学園大学)

膵炎
田村 昌大(酪農学園大学)

胆管炎
酒居 幸生(大阪公立大学)

腸炎
田村 悠(アニコム先進医療研究所株式会社)


【臓器・疾患別 最新の治療ガイドライン】

ベクター媒介性疾患への抗寄生虫薬の有効性 ~主に予防薬の効果・使い方について~
福井 祐一(こまち動物病院) 

犬の気管虚脱の外科的治療 
米澤 覚(アトム動物病院・動物呼吸器病センター) 

誤嚥性肺炎の診断と治療
阿江 理恵子(あさか台どうぶつ医療センター)、藤田 道郎(日本獣医生命科学大学)

犬の肺高血圧症
青木 卓磨(麻布大学)

猫の動脈血栓塞栓症の診断と治療
鈴木 亮平(日本獣医生命科学大学)

犬と猫の細菌性尿路感染症の治療と管理
室 卓志(JASMINEどうぶつ総合医療センター)

尿道閉塞への対応
中村 俊(どうぶつの総合病院)

環軸椎不安定症の診断と外科的治療
中本 裕也(Neuro Vets 動物神経科クリニック)

股関節脱臼の整復(用手・外科)
一戸 登夢(麻布大学附属動物病院)、藤田 幸弘(麻布大学)

不妊・去勢手術関連のトラブルの対処
市川 美佳(日本動物高度医療センター)

顎骨吸収がある症例の抜歯
藤田 桂一(フジタ動物病院)

犬と猫の疼痛管理アップデート
西村 亮平(東京大学)

バランス麻酔の概念と実際
関 瀬利(日本獣医生命科学大学)

乳び胸の内科的治療・外科的治療
金井 浩雄(かない動物病院)

中毒の診断と対応
塗木 貴臣(TRVA夜間救急動物医療センター)

著者プロフィール

石田 卓夫  (イシダ タクオ)  (監修

石田卓夫
1950年東京生まれ。農学博士。
国際基督教大学卒、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)獣医学科卒、東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。米国カリフォルニア大学獣医学部外科腫瘍学部門研究員を経て、1998年まで日本獣医畜産大学助教授。現在は、一般社団法人日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)名誉会長、日本獣医がん学会(JVCS)会長、ねこ医学会(JSFM)会長、日本獣医病理学専門家協会会員および赤坂動物病院医療ディレクター。研究専門分野は、小動物の臨床病理学、臨床免疫学、臨床腫瘍学と猫のウイルス感染症。今後の研究課題として、培養幹細胞移入による免疫疾患および慢性炎症性疾患の治療がある。

上記内容は本書刊行時のものです。