版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本のいきものビジュアルガイド はっけん! オタマジャクシ 関 慎太郎(写真) - 緑書房
..
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

9784895317665

日本のいきものビジュアルガイド はっけん! オタマジャクシ

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:緑書房
A5判
152ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-89531-766-5   COPY
ISBN 13
9784895317665   COPY
ISBN 10h
4-89531-766-8   COPY
ISBN 10
4895317668   COPY
出版者記号
89531   COPY
Cコード
C8645  
8:児童 6:図鑑 45:生物学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年10月
書店発売日
登録日
2021年8月31日
最終更新日
2021年8月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

おとなも、子どもも、親子でも楽しめる!
広く、深く、おもしろい、
身近なオタマジャクシの謎に迫るビジュアルガイド。

体の特徴から、種類、1年間の暮らし、飼育情報、人間とのかかわりや文化・歴史まで、豊富な写真とともに身近なオタマジャクシの秘密に迫る。研究者からのメッセージや自由研究のすすめ、オタマジャクシに会える動物園や水族館、博物館も紹介。

【本書のポイント】
●興味深いオタマジャクシの暮らしの模様を写真で紹介する巻頭ビジュアル。
●オタマジャクシの体の特徴的な部位をクローズアップ写真とともに解説。
●世界に生息するちょっと変わったオタマジャクシをタイプ別に整理して紹介。
●四季のある日本で、さまざまなカエルのオタマジャクシが1年を通してどのように過ごしているのか、写真とともに紹介。
●オタマジャクシを飼育する際に必要な環境や餌、注意すべき点などを解説。
●オタマジャクシについてのディープな疑問をQ&Aで解説。
●人間とのかかわりや文化・歴史についても紹介。
●研究者からのメッセージやオタマジャクシを観察・研究する方法などを紹介した「自由研究のすすめ」などを掲載。
●オタマジャクシに会える動物園・水族館、博物館を紹介。
●小学校低学年からでも読みやすい総ルビ仕様。

目次

巻頭ビジュアル
オタマジャクシとは? カエルとは?/オタマジャクシの多様性
クローズアップ
世界の変わったオタマジャクシ図鑑
オタマジャクシの春夏秋冬
オタマジャクシを飼ってみよう
とことんオタマジャクシ
 ・オタマジャクシQ&A
 ・今、起こっていること
 ・日本列島に住むオタマジャクシの多様性
 ・文化/歴史の中のオタマジャクシ
 ・研究者からのメッセージ
 ・自由研究のすすめ
 ・オタマジャクシに会える動物園・水族館・博物館
用語解説
参考文献

著者プロフィール

関 慎太郎  (セキ シンタロウ)  (写真

【写真】関 慎太郎
自然写真家。AZ Relief代表。日本両棲類研究所展示飼育部長。1972年兵庫県生まれ。身近ないきものの生態写真撮影がライフワーク。滋賀県や京都府の水族館の立ち上げに関わる。著書に『世界 温帯域の淡水魚図鑑』『野外観察のための日本産爬虫類図鑑』(いずれも緑書房)、『うまれたよ! イモリ』(岩崎書店)、『減っているってほんと!? 日本カエル探検記』(少年写真新聞社)など多数。

AZ Relief  (エーゼットリリーフ)  (著/文 | 編集

【編著者】AZ Relief
Aは水族館(Aquarium)、Zは動物園(Zoo)。AZ Reliefはそれらについて、隅から隅まで(A to Z)、いろいろな形で関わろうという専門家の集まり。AとZのちょうど真ん中のM(Museum=博物館)の関係者も参加している。専門家の力を結集してプロの技術を提供し、動物の飼育や研究だけでなく、教育やフィールド活動、人と人・動物と人のつながりを作るための支援も行う。

伊部 朝香  (イベ アサカ)  (著/文 | 編集

【編著者】伊部 朝香
1991年愛知県生まれ。東京海洋大学卒業後、愛知教育大学大学院修士課程修了。大学院では、オタマジャクシの発育や成長に関する研究を行い、オタマジャクシ漬けの日々を送る。大学院修了後は動物園にて飼育員を経験し、国産両生類の繁殖に取り組む。現在は水族館の学芸員として勤務し、魚類や両生類、爬虫類まで幅広く扱う。また、周辺地域の両生類分布調査、フィールドワークにも力を入れている。

上記内容は本書刊行時のものです。