版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
黄色いハンカチは揺れている 小林正典 髙尾具成(写真 文) - ビレッジプレス
.

黄色いハンカチは揺れている 3・11三陸ノート 五年の伝言

A5判
縦210mm 横149mm 厚さ13mm
重さ 346g
192ページ
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-89492-206-8
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年5月
書店発売日
登録日
2016年6月20日
最終更新日
2016年6月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

〈目次〉
序章 汀
第一章 てんでんこ
第二章 黒いランドセル
第三章 奇跡と悲劇の間で
第四章 わだかまり
第五章 艦砲射撃の記憶
第六章 海を渡り、峠を越えて
第七章 海音
終 章 黄色いハンカチ(あとがきにかえて)

前書きなど

つながれ「黄色いハンカチ」のように
風化という強い風に抗いながら、
色褪せ、きれぎれとなっても、
なお津波被災地を象徴するように揺れている

親たちにも、最悪の状況の時には、「自分を置いて逃げろ」と厳しく教えられてきました。
「どっちかが危ない時には年上を捨てろ」って。
自分の子どもにも、万が一の際には「俺を捨てて、生き延びろ」って。
『てんでんこ』はある意味、残酷で厳しい言い伝えなんです。

上記内容は本書刊行時のものです。